« 幕末に列島の植民地化危機はない | トップページ | イブラヒモビッチ移籍考 »

2010年8月26日 (木)

危機と危機感

 前回の、幕末に列島の植民地化危機はない、は議論が端折りすぎた感があった。そこで、危機の存在と危機感の存在を分けて考えてみることにした。以下の図は、ヒューリスティックとして作成したもので、今後変更する可能性も大。試験的に記事化する。

 なお、幕末の危機意識は誰のものか?、も参照を乞う。

安全保障上の 危機の事実
危機感 rumor politics
タイタニック

安全保障上の 危機の事実
危機感 ? 尊攘テロリスト
19C.大御所時代 18C.徳川日本/岩倉使節団

|

« 幕末に列島の植民地化危機はない | トップページ | イブラヒモビッチ移籍考 »

幕末・明治維新」カテゴリの記事

政治哲学・政治理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/49252963

この記事へのトラックバック一覧です: 危機と危機感:

« 幕末に列島の植民地化危機はない | トップページ | イブラヒモビッチ移籍考 »