« 韓国を封じ切ったことに意義がある | トップページ | 小さな知識と大きな知識 »

2010年10月17日 (日)

ドルトムント辛勝、香川君残念ながらノー・ゴール 1.FC Koln 1 - 2 Borussia Dortmund

■ヤクブ・ブラスチコフスキ(Dortmund)  20分
ドルトムント先制。香川が左サイドから、鋭い切り返しで右足クロス。ファーポストにいたルーカスへピタリ。ルーカスのヘディング・シュートがポストに跳ね返されたところを、ヤクブ・ブラスチコフスキが押し込む。実質的に香川のアシストだろう。

■ルーカス・ポドルスキ(1.FC Koln) 82分
 ポドルスキの素晴らしいミドル・シュートが炸裂。相手DFと味方FWとの競り合いからのこぼれ球がポドルスキに。ポドルスキは足裏を使った見事なトラップから、左足を振り抜くと、ゴールへ一直線。お見事。

■ヌリ・シャヒン(Dortmund) 90分
 もう引き分けか、という雰囲気が漂ってきた90分、ゴール前の混戦から、シャヒンが押し込む。ただ、ケルンのDFも抗議していたが、どうもシャヒンはオフサイドポジションだったように見える。ま、勝てたからいいけどさ。

371877337215102010204518

 我らが香川君は、72分に交代。これはいつものパターン。代表での疲れもあるはずなのに、1点目のクロスをあげる前の、味方からのパスの貰うための動きが素晴らしかった。それを実感したいのなら、以下の動画をご参照されたし。

【動画】香川真司起点!ケルン×ドルトムント[10/11]:YouTubeサッカー動画!【無料】

|

« 韓国を封じ切ったことに意義がある | トップページ | 小さな知識と大きな知識 »

Football」カテゴリの記事

Shinji Kagawa」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルトムント辛勝、香川君残念ながらノー・ゴール 1.FC Koln 1 - 2 Borussia Dortmund:

« 韓国を封じ切ったことに意義がある | トップページ | 小さな知識と大きな知識 »