« 香川君、惜しくも無得点(SC Freiburg 1-2 Dortmund) | トップページ | 「勝ちに不思議の勝ちあり」広州アジア大会・男子サッカー、準決勝 イラン 1-2 日本 »

2010年11月24日 (水)

金メダル福島千里の走りっぷり(2010広州アジア大会女子100m決勝)

 なんとこの種目、日本人選手44年ぶりの優勝だとか。一応、見ておこうかな、と検索。なかなかよい動画があったので、ご紹介する次第。最後のスローが迫力満点。ちなみに、福島選手と一緒にライバル高橋萌木子(ももこ)選手も決勝に進出し、4位入賞を果たしている。メディア上、無視されているのは、選手に対する敬意に欠けていると思うので一言しておく。

 その結果。↓

Rank Bib Name NOC Birth Date Lane Reaction Result

1 421 FUKUSHIMA Chisato JPN 27 June, 1988 6 0.14 11.33
2 925 KHUBBIEVA Guzel UZB 2 May, 1976 5 0.11 11.34
3 943 VU Thi Huong VIE 7 October, 1986 4 0.16 11.43
4 439 TAKAHASHI Momoko JPN 16 November, 1988 3 0.13 11.5
5 129 TAO Yujia CHN 16 February, 1987 2 0.12 11.63
6 870 KLOMDEE Neeranuch THA 1 June, 1980 7 0.17 11.68
7 143 YE Jiabei CHN 20 January, 1993 8 0.13 11.71
8 938 le Ngoc Phuong VIE 5 December, 1982 1 0.18 11.76

 大会公式記録によると、スタート反応速度(Reaction)は、出場8人中5番目。本来はスタートに強みのある選手のようなので、実はスタートを失敗していたらしい。↓

Rank Bib Name NOC Birth Date Lane Reaction Result
2 925 KHUBBIEVA Guzel UZB 2 May, 1976 5 0.113 1 11.34
5 129 TAO Yujia CHN 16 February, 1987 2 0.118 2 11.63
7 143 YE Jiabei CHN 20 January, 1993 8 0.126 3 11.71
4 439 TAKAHASHI Momoko JPN 16 November, 1988 3 0.130 4 11.50
1 421 FUKUSHIMA Chisato JPN 27 June, 1988 6 0.144 5 11.33
3 943 VU Thi Huong VIE 7 October, 1986 4 0.156 6 11.43
6 870 KLOMDEE Neeranuch THA 1 June, 1980 7 0.169 7 11.68
8 938 le Ngoc Phuong VIE 5 December, 1982 1 0.183 8 11.76

 そのスタートの遅れを取り戻しての勝利ということは、レースの中で加速できていたのだろう。WRは10.49(JOYNER/1988)、ARが10.79(LI Xuemei/1997)、ということなので、これらを破るのはなかなか難しそう。それでも、夢の10秒台に少しでも近づけるよう、あと5、6年間の伸びを期待したい。

1122048thumbx300

The Official Website of the 16th Asian Games
Women's 100m Final

|

« 香川君、惜しくも無得点(SC Freiburg 1-2 Dortmund) | トップページ | 「勝ちに不思議の勝ちあり」広州アジア大会・男子サッカー、準決勝 イラン 1-2 日本 »

sports」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金メダル福島千里の走りっぷり(2010広州アジア大会女子100m決勝):

« 香川君、惜しくも無得点(SC Freiburg 1-2 Dortmund) | トップページ | 「勝ちに不思議の勝ちあり」広州アジア大会・男子サッカー、準決勝 イラン 1-2 日本 »