« 川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書(2010年)〔その1〕 | トップページ | 香川、今季7得点目、Dortmund 4 - 1 Moenchengladbach »

2010年11月27日 (土)

福島千里、2冠達成(2010広州アジア大会100m,200m)

 2010年11月25日、福島千里は広州アジア大会女子200mを制し、2冠を達成した。故障や疲れもあり、最後の直線で多少追い込まれたが、それでも余裕を持ってフィニッシュできた。

公式記録はこちら→ The Official Website of the 16th Asian Games

 女子400mリレー(100m×4)は三位と残念だった。3走とアンカー福島のバトンでもたついた様に見えたが・・。

 今回は、福島を初め、陸上女子に成果がみえたが、陸上男子は惨敗という結末らしい。それは、男子100mのファイナルに日本選手が皆無だったことにも伺える。朝原、伊東、末續と、世界選手権やオリンピックで少しづつ結果を出してきたけど、うまく世代交代ができなかったかもしれない。

 それにしても、1998バンコクアジア大会、男子100m準決勝の伊東浩司の10秒00の走りは返す返すも惜しかった。あそこで9秒台出さなかったため、アジアの選手の100m9秒台はお預けのままだ。

YouTube - 【陸上】バンコクアジア大会 男子100m準決勝・伊東浩司日本記録

|

« 川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書(2010年)〔その1〕 | トップページ | 香川、今季7得点目、Dortmund 4 - 1 Moenchengladbach »

sports」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島千里、2冠達成(2010広州アジア大会100m,200m):

« 川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書(2010年)〔その1〕 | トップページ | 香川、今季7得点目、Dortmund 4 - 1 Moenchengladbach »