« 寸評 :日本2-2韓国(2011/01/25) | トップページ | 経済学は、呪術である »

2011年1月30日 (日)

日本代表のキーワードは「落ち着き」

 延長戦の末、日本代表は4度目のアジアカップを制した。

375209351729012011185130

 今大会の日本代表のキーワードは、なんだろうか。楽勝だったゲームはグループリーグ最終戦のサウジ戦のみで、あとすべてキツイ試合だった。それにも関わらず、不思議と劣勢の場面でも、希望を持って戦況をみつめ、日本代表を応援する気になれた。

 それは、選手たちがどんな場面でも、あまり慌てふためくことなく、比較的「落ち着い」ていたことが、観戦しているこちらにもジワっと伝わってきたからだ。それはやはりザッケローニという百戦錬磨の監督がこのチームにもたらしてくれた最大の貢献だったように思う。それは、本田圭佑が、韓国戦のPK戦勝利後、「いつも監督は僕に自信を与えてくれる」とコメントしていたことに象徴されている。

 ザッケローニが日本代表に自信と落ち着きを与えられたのはなぜだろうか。それは、彼が本気で日本人選手の能力を積極的に評価しているからだろうと思う。その点、オシムと共通している気がする。

 失礼ながら、岡田前監督は、世界レベルの戦いにおいては、心底からは同じ日本人プレーヤーの能力を信じていなかった、というより信じられなかったのだと思う。世界と戦うにはまだこれが足りない、あれが足りない。だから、10人が1試合で平均11km走れば、フィールドプレーヤーが1人増えたのと同じだ、といったかなり強引なタスクを選手たちにかけた。また、WC本番でチーム戦術を180度転回し徹底してディフェンシブにいき、それなりの成果をだした。しかし、WC決勝トーナメント1回戦、パラグアイ戦の敗戦のあと、フランスのメディアで、「日本代表はデンマーク戦のような良いゲームができるのに、なぜまたあのようにディフェンス偏重の戦いをするのか」と疑問を呈していたところがあったことからもわかるように、見ていて「面白くない」のだ。

 それは、大昔のファルカン時代も、ジーコ時代にも共通する、日本人プレーヤーへの臨み方だった。過去のスーパースターを監督に据えれば、当然、自分の選手時代と比較して、ネガティブに評価するのは大いにありうるだろう。また、岡田氏が同じく日本人選手を過小評価してしまうのも、自分の現役時代の経験と、欧米のビッグクラブ、FIFAトップ10のナショナルチームのゲームなどを見て研究すれば、どうしてもそうなるのかも知れない。

 しかし、ザッケローニは日本人選手のテクニックの高さを、リップサービスでなく率直に評価した。なぜそうなるかと言えば、彼自身が、イタリアでビッグクラブを率いていただけでなく、弱小クラブでの指導経験があるからだろう。恐らく、ザッケローニは、ごく少数の、個人でゲームを決定付けられるスーパーな選手がいるかいないかで、日本サッカーを評価したのではなく、日本人プレーヤーの能力のアベレージの高さに気付いた。その意味で、日本代表チームのポテンシャルを相当高く評価し、このチームで自身も成功しよう、成功できると本気で考えているのだ。その本気さがチームに自信を与え、「落ち着き」をもたらした。あとは、高いレベルでの戦い方を、彼の経験から抽出し、伝授し、染み込ませる作業をすればよい。このアジアカップので采配を見ると、堅牢に「バランス」を重視しながら、その上で、日本代表の攻撃力を信じて戦いを進めていたように思う。

 以上のようなことを考えると、今回のアジアカップの制覇の、最大の功労者は、時間はかかったが、片手間でなく日本代表監督の仕事に本気になってくれる、ザッケローニを監督としてイタリアから引っ張ってきた、原博美JFA技術委員長(強化担当)ということになるのかもしれない。

【動画】日本代表、アジアカップ優勝セレモニー:YouTubeサッカー動画!

|

« 寸評 :日本2-2韓国(2011/01/25) | トップページ | 経済学は、呪術である »

Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表のキーワードは「落ち着き」:

« 寸評 :日本2-2韓国(2011/01/25) | トップページ | 経済学は、呪術である »