« 幕末の議会思想小史 | トップページ | 日本史における概念史アプローチ »

2013年4月 9日 (火)

赤松小三郎「御改正之一二端奉申上候口上書」

 先の記事のコメント欄で教えて戴き久しぶりに、

国立国会図書館近代デジタルライブラリー

を覗いてみた。改めて、「続再夢紀事」を当ってみると、赤松小三郎の記述が確認できた。其の部分をPDFファイル化したので、史料として貼り付けておくことにする。

赤松小三郎「御改正之一二端奉申上候口上書」

「続再夢紀事」第六巻
pp.244-245
pp.246-247
pp.248-249
pp.250-251
pp.252-253

「akamatsu1.pdf」をダウンロード

「akamatsu2.pdf」をダウンロード

「akamatsu3.pdf」をダウンロード

「akamatsu4.pdf」をダウンロード

「akamatsu5.pdf」をダウンロード


|

« 幕末の議会思想小史 | トップページ | 日本史における概念史アプローチ »

幕末・明治維新」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

赤松小三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/57135428

この記事へのトラックバック一覧です: 赤松小三郎「御改正之一二端奉申上候口上書」:

» 幕末の議会思想と赤松小三郎の位置づけ ―『講座明治維新 第2巻』の紹介 [代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives]
 ブログ「本に溺れたい」の管理人のrenqingさんから「幕末の議会政治小史」という記事のTBをいただきました。渋沢栄一の『徳川慶喜公伝』(4)(平凡社東洋文庫)より「公議政体希望の思想」の部分を紹介されています。下記記事をご参照ください。 http://renqing.cocol...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 20時00分

« 幕末の議会思想小史 | トップページ | 日本史における概念史アプローチ »