« ポアンカレ『科学と仮説』岩波文庫(1985年) | トップページ | 身分と労働 »

2013年5月19日 (日)

未踏の江戸時代(2)

 前回、未踏の江戸時代 でご紹介しました、中野三敏氏の「和本リテラシー」関連
の、日本記者クラブでの講演(100分)が Youtube ありました。

 だいたい同工異曲ですが、よりわかりやすくなっていますし、
興味深いエピソードもありますので、こちらのほうがお薦め
かと思い投稿します。

中野三敏・九州大学名誉教授 2012.8.20 - YouTube


■あるエピソード

樋口一葉日記 影印版 (2冊)翻刻、岩波書店刊(2002)、493頁、63000円!

この一葉のプライベートな日記は、草書体漢字、変体がな、句読点なし、濁点なし
という、江戸フォーマットで書かれています。これの翻刻(現代読みをつけ活字に起こす)
作業をされたのは鈴木淳氏ですが、鈴木氏は東京・立川にある国文学資料研究館に
属する近世文学研究者です。変ですよね。本来なら、当然、一葉研究者が担当する
はずです。

ですから、岩波書店も最初、現代の一葉研究者に翻刻作業を呼び
かけたのですが、誰も手を上げなかった。つまり、プロフェッショナル
な樋口一葉研究者の中に、自信を持って江戸フォーマットを読める
人物がいない、という惨状だったという訳です。

この講演も必聴です。

|

« ポアンカレ『科学と仮説』岩波文庫(1985年) | トップページ | 身分と労働 »

中野三敏」カテゴリの記事

徳川史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/57418675

この記事へのトラックバック一覧です: 未踏の江戸時代(2):

« ポアンカレ『科学と仮説』岩波文庫(1985年) | トップページ | 身分と労働 »