« 市川伸一氏の「学習動機の二要因モデル」 | トップページ | ポアンカレ『科学と仮説』岩波文庫(1985年) »

2013年5月17日 (金)

リマの江戸人(2)

 当ブログ記事と関連の深い興味深いニュースが数日前に流れたので、備忘録として書き留めておくことにする。

当ブログ関連記事2点
リマの江戸人
サルミ・テルマ・カクセイ

そして、上記関連ニュースが以下。

「日本人奴隷」3人、メキシコに…安土桃山時代 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 安土桃山時代末の1597年、日本人が「奴隷」としてメキシコに渡っていたことがわかった。

  ポルトガル人で同国立エヴォラ大特別研究員ルシオ・デ・ソウザさん(大航海時代史)と、東大史料編纂(へんさん)所の岡美穂子助教(日欧交渉史)がメキシコ国立文書館に残る異端審問記録で確認した。「日本人奴隷」の実態を示す貴重な資料であり、日本人の太平洋渡航を詳細に記した最初の資料としても注目される。研究成果は近く海外で出版される予定。

 審問記録には、日本名の記載はないが、名前の後ろに「ハポン(日本)」と明記された、「日本生まれ」の人物の名があった。「ガスパール・フェルナンデス」「ミゲル」「ベントゥーラ」の3人で、いずれも男性とみられる。

 ガスパールは豊後(大分県)生まれ。8歳だった1585年、長崎で日本人商人からポルトガル商人のペレスに、奴隷として3年契約7ペソで売られた。その後の詳細は不明だが、引き続きペレスのもとで、料理などの家事労働をしていたとみられる。当時のスペインで、高級オリーブオイル1本が8ペソだった。

 ベントゥーラは来歴不明だが、ミゲルは94年、ポルトガル奴隷商人がスペイン領マニラで、ペレスに売った。

 ペレスはマニラ在住時の96年、隠れユダヤ教徒として当局に逮捕され、有罪判決を受けた。次の異端審問のため一家は97年12月、マニラから太平洋航路でスペイン領メキシコ・アカプルコに移送された。その審問記録に、ペレスの「奴隷」として3人の名があった。

 ガスパールは審問で、食事内容をはじめとするペレス家の信仰の様子などを証言。その後の99年、ベントゥーラと共に、自分たちは奴隷ではないと当局に訴え、1604年に解放された。

Photo

Photo_2

(2013年5月13日14時44分  読売新聞)

|

« 市川伸一氏の「学習動機の二要因モデル」 | トップページ | ポアンカレ『科学と仮説』岩波文庫(1985年) »

備忘録」カテゴリの記事

徳川史」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

コメント

履歴書の動機 様

コメントありがとうございます。
ご参考になれば幸いです。

投稿: renqing | 2013年6月 9日 (日) 19時49分

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の動機 | 2013年6月 9日 (日) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/57400154

この記事へのトラックバック一覧です: リマの江戸人(2):

« 市川伸一氏の「学習動機の二要因モデル」 | トップページ | ポアンカレ『科学と仮説』岩波文庫(1985年) »