« いまや専門家の主張ほど信じられなくなった | トップページ | 中野三敏『江戸文化再考:これからの近代を創るために』笠間書院(2012) »

2013年5月13日 (月)

未踏の江戸時代

福沢諭吉が大嫌い、坂本竜馬が大嫌い、という、
国文学者・中野三敏氏の講演(約110分)が
YouTubeで視聴可能です。

和本リテラシーの回復を願って - YouTube

非常に興味深い内容となっています。

この講演から知れる、一つの驚愕すべき事実を挙げておきます。

奈良時代から明治以前に成った書物はいったい何点あるか。
国書総目録に収録しているのは点数50万点。
当然、それからの遺漏が膨大にあり、それを勘案すると
少なく見積もっても概数、150万点。
その9割は江戸時代の出来た書物。
おそらく、江戸期の書物、少なく見積もって100万点。

その100万点の書物のうち、明治以降、活版印刷されて、
つまり活字化されているものは何点か。
中野氏の推測は約1万点。すなわち、約1%。

そして、上記以外の活字化されていない和本の紙面は、
変体仮名、草書体漢字、で印されています。
なにしろ、福沢諭吉『学問のすすめ』(初版明治5年・1872)の原書でさえ、
変体仮名・草書体漢字で印されています。

明治以前に日本列島で生み出された書物は、活字化されて岩波・古典大系、やら、
岩波・思想大系に収録されているもの以外(つまり図書館にあるもの以外)が
ほとんど、ということです。

すなわち、現代の我々の江戸評価は、江戸時代に書かれた書物の99%を
読まずに下されている可能性があり、逆説的に言えば、
そのうちの少しでも光をあてられれば、日本史(明治以降の江戸理解)が
ひっくり返る可能性があるというわけです。

110分を使って見る価値はあると思います。

|

« いまや専門家の主張ほど信じられなくなった | トップページ | 中野三敏『江戸文化再考:これからの近代を創るために』笠間書院(2012) »

中野三敏」カテゴリの記事

徳川史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/57374983

この記事へのトラックバック一覧です: 未踏の江戸時代:

« いまや専門家の主張ほど信じられなくなった | トップページ | 中野三敏『江戸文化再考:これからの近代を創るために』笠間書院(2012) »