« 祝! ジュビロ・山田大記、A代表選出 | トップページ | 祝! セレッソ・柿谷曜一朗、A代表選出 »

2013年7月16日 (火)

小説第一の美女は誰?

これはごく易しい質問です。文章における小説第一の美人とは、もしあなたが小説を書いて「彼女は古今東西の小説のなかに現れた女性のなかで第一の美人で あった」と書けば、それが第一の美人になるのです。言語のこのような抽象的性質によって、小説中の美人の本質が規定されます。これが劇や映画と小説との本質的ちがいであります。

それはまた小説と歴史との違いでもありまして、歴史が史上最高の美女というときには、なんらかの裏付けがなければならないのでありますが、小説はそれ自体によって成り立っている小宇宙でありますから、なんらかの事実の裏付けなしに、小説の第一の美女というものはいつでも任意の所、任意の場所に出現するのであります。しかし私の読んだなかで最も神に近い美女をあげろと言われれば、おそらくリラダンの描いた「ヴェラ」をあげるべきでありましょう。
三島由紀夫『文章読本』中公文庫1995年 、pp.211-212

|

« 祝! ジュビロ・山田大記、A代表選出 | トップページ | 祝! セレッソ・柿谷曜一朗、A代表選出 »

三島由紀夫」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/57800512

この記事へのトラックバック一覧です: 小説第一の美女は誰?:

« 祝! ジュビロ・山田大記、A代表選出 | トップページ | 祝! セレッソ・柿谷曜一朗、A代表選出 »