« 20130814代表戦、問題は守備より攻撃 | トップページ | 眠れぬ夜のために・・・ »

2013年8月16日 (金)

現状は需要インフレではなくコストインフレである

P.M.ABEの景況判断は、

インフレの兆候 ⇒ デフレの終息 ⇒ 景気回復

というものらしい。下記。

デフレ状況なくなりつつある=月例報告(時事通信) - 写真 - Yahoo!ニュース

この記事写真の、我が国の首相殿のにやけたアホ面にいたく腹が立ったので、ひと言。

現在のインフレ兆候は、市場が吸引状態となりその調整の一環としての物価上昇ではない。馬鹿首相と破れかぶれ日銀の、ジャブジャブ金融緩和と円安誘導による輸入物価の高騰が、ドミノ倒しのように国内物価に波及し始めた兆候であり、単なるコストインフレに過ぎない。

もし、国内産業連関の中で、価格上昇が発生するなら、最初に値上げした産業の名目売上は増大し、所得増⇒需要増、という波及効果もあり得るが、輸入物価の上昇が出発点なので、この価格上昇は、

①輸入関連企業の仕入価格上昇とそれの国内販売価格転嫁のタイムラグにより、まず最初に輸入産業に、所得縮小⇒需要減少をもたらし
②これが国内の産業連関の網の目を通じて、広範な内需企業に次々とデフレ効果を与える

効果しかない。もし政府の月例経済報告のように、インフレが一巡し出したのだとしたら、コストインフレによる需要減退効果=デフレ効果が国内経済に一巡し出したことを意味するのであって、デフレ脱却=景気回復、ではなく、コストインフレ=デフレ効果(コストインフレによる景気下押し効果)が顕著になってきた、ということである。

本年度のGDPは、最終的に名目、実質とも縮小する危険性が高い、というべきだ。

P.M.ABEは、はっきり言って「頭が悪い」としか言いようがない。

|

« 20130814代表戦、問題は守備より攻撃 | トップページ | 眠れぬ夜のために・・・ »

経済」カテゴリの記事

資本主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/58000519

この記事へのトラックバック一覧です: 現状は需要インフレではなくコストインフレである:

« 20130814代表戦、問題は守備より攻撃 | トップページ | 眠れぬ夜のために・・・ »