« 「系譜学」から「機能学」へ(3) | トップページ | 心の生と死 »

2013年12月12日 (木)

ふたつの思考  創造と論理

知識とは、「こと」であれ「もの」であれ、膨大な数の多様な対象objectsが、それより少ない数の何らかの範疇categoriesの箱に分類されている状態だと考えられる。だから「知る」ということknowingは、どこからかやってきた対象を、どの箱かに入れて整理することだとみなせる。

すると、「創造するcreate」とは、何らかのやり方で、これまでの手持ちの箱(categories)の他に、新たな箱(a new category)を作ってしまうことだ、と考えることができる。

新たな箱が創出されるプロセスは2つある。

ある知識の体系の外からやってきた対象を、既存の箱に入れようとして失敗するとき。全ての箱を調べて、この新対象を入れようと試みたところ、どこにも入れることが出来ない。そこで最終的に(「不明」という箱に入れずに)、新しい箱を作りそこに入れてしまう時。これが一つ。

二つ目は、ある知識の体系を見渡したとき、例えば箱C(の一部)と箱P(の一部)が実は同じカテゴリーと見なせると考えた時。この時も、既存のカテゴリーの数nのほかに、n+1個目の新しい箱を作成し、箱Cの一部objectと箱Pの一部objectをそこに移動することになる。これが二つ目のプロセスである。

さて、以上の思考実験からすると、創造(想像)というのは、新しい箱(a new category))を作成することであり、論理というのは、あるobjectと他のobjectを同定する(しない)ことである、と考えられる。

この2つの思考は密接に関連はするが、働きとしては全く別のことだと考えられるだろう。論理(同定)には、鋭い感覚と持久力が必要となる。創造には、新しいcategoryを作成する勇気と名づけのセンスが必要となる。

とまで書いたところで、本日の考える資源が尽きた。いつになるか分からないが、後編へ続くこととする。

|

« 「系譜学」から「機能学」へ(3) | トップページ | 心の生と死 »

学習理論」カテゴリの記事

知識理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/58741150

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつの思考  創造と論理:

« 「系譜学」から「機能学」へ(3) | トップページ | 心の生と死 »