« ふたつの思考  創造と論理 | トップページ | 「進化論」のカテゴリー作成 »

2013年12月14日 (土)

心の生と死

なるほど花は口で食べることは出来ねえだが、口で食べるものだけが食べものじゃねえだ、心で食べるものがなくなった時、心は生きて行けねえだ、心の生きて行けねえ人間などもう人間ではねえだ。

田宮虎彦「花」(1964年)

|

« ふたつの思考  創造と論理 | トップページ | 「進化論」のカテゴリー作成 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/58751775

この記事へのトラックバック一覧です: 心の生と死:

« ふたつの思考  創造と論理 | トップページ | 「進化論」のカテゴリー作成 »