« ほんもののスパイダーマン? | トップページ | 「粉雪 (レミオロメン)」 coverd by 森恵 »

2014年1月15日 (水)

享保五年、徂徠哭す

徂徠は次々と家族を失った。

享保五(1720)年、一人残った娘増ますが十七歳で病死する。その深い嘆きを下記の七言絶句に詠っている。時に、徂徠55歳。

黄鳥うぐいすは花に哭き花は露に泣く
尋常なべての草の色は墳墓に似らる
始めて訝いぶかる掌のなかの珠の光りは許くも多きを
さかりの春の到る処 総べて暮ゆうべと成る

《徂徠学革命》とも言うべき、徳川知性史のエピステーメーを塗り替え、男子としてやれることはやり切ったのだろうが、現代日本に比べると平均寿命が短いとはいえ、それにしても辛すぎる私生活と思える。

〔出典〕
「徂徠集」巻五
吉川幸次郎「徂徠学案」、日本思想大系36(1973) 、P.717、岩波書店
尾藤正英「国家主義の祖型としての徂徠」、荻生徂徠「政談」尾藤正英抄訳、講談社学術文庫(2013) 、P.297

|

« ほんもののスパイダーマン? | トップページ | 「粉雪 (レミオロメン)」 coverd by 森恵 »

尾藤正英」カテゴリの記事

徳川史」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/58948061

この記事へのトラックバック一覧です: 享保五年、徂徠哭す:

« ほんもののスパイダーマン? | トップページ | 「粉雪 (レミオロメン)」 coverd by 森恵 »