« 葬式仏教の歴史的意義/ Historical significance of funeral Buddhism | トップページ | 追悼 安丸良夫 »

2016年4月18日 (月)

百年後のアルマダ / the Spanish Armada a hundred years later

William_of_orange_iii_and_his_dutch_army
William of Orange III and his Dutch army land in Brixham, 1688 - Glorious Revolution - Wikipedia

 1688年6月、イギリスの反国王派(ホイッグ)から極秘にウィレムに渡英の招請状が届けられ、ウィレムもこれを受諾した。ただこの時点ではウィレムにはっきりと王位が約束されていたわけではなかった。これにたいして連邦議会も9月29日ウィレムを支援していくことを全会一致で決定した。
〔 In June 1688, a secret invitation to travel to England was delivered to Willem by the anti-kingdom faction (Whigs) in England, which he accepted. At this point, however, Willem was not clearly promised the throne. In response, the Bundestag unanimously decided to support Willem on 29 September.〕

準備は急ピッチで進められ、10月末までに大遠征部隊が編成された。戦列艦など63隻、騎兵・歩兵約15000人、馬6000~7000頭、輸送船・上陸用漁船など約400隻、乗組員・水夫約19000人、総費用約730万フルデン(グルデン)というというものであった。これは規模としては1588年のスペインのアルマダ(無敵艦隊)を遥かにしのぎ、オランダ版アルマダといってよいものであった。したがって、イギリスは悪夢のごときスペインのアルマダからちょうど100年にして、いまひとつのアルマダをむかえることになった。一行は10月30日ロッテルダムに近いヘレフットスライス港から出港したが、強い南西の風にさえぎられて、翌日いったん引き返した。11月11日に再度出港し、15日にイギリス南部デヴォンシャーのトーベイ湾に無事上陸した。そして12月にはロンドンにはいり、翌89年2月ウィレムは正式にオレンジ公ウィリアム三世として即位した。こうして名誉革命は成功し、ウィレムとメアリの共同統治、ギリスとオランダの同君連合が始まる。オランイェ家が長年いだいてきた王家の仲間入りは異国の王というかたちであったがついに実現をみた。イギリス人の血を流すことなく成功したという意味でこれはたしかに名誉革命であったが、その名誉はオランダの威信をかけた大部隊いうなれば外国軍の威圧によって確保されていたのである。
〔Preparations proceeded at a rapid pace and a large expeditionary force was formed by the end of October. It consisted of 63 ships, 15,000 cavalry and infantry, 6,000-7,000 horses, 400 transports and landing craft, 19,000 crews and sailors, and a total cost of approximately 7.3 million frunden (gulden). In terms of scale, this was far greater than the Spanish Armada of 1588, and could be described as a Dutch version of the Armada. Thus, exactly 100 years after the nightmarish Spanish Armada, Britain was to face another Armada. The party set sail from the port of Hereford Slice, near Rotterdam, on 30 October, but were blocked by a strong south-westerly wind and had to turn back the following day; they set sail again on 11 November and landed safely in Torbay Bay, Devonshire, in southern England, on 15 November. In December, he arrived in London, and in February 1989 Willem officially acceded to the throne as William III, Duke of Orange. The Revolution of Honour was thus a success, and the joint rule of Willem and Mary, and the union of the British and Dutch crowns, began. The Oranje family's long-held aspiration to join the royal family was finally realised, albeit in the form of a foreign king. This was indeed an honourary revolution in the sense that it succeeded without the shedding of English blood, but that honour was secured by the prestige of the Netherlands, in other words, by the intimidation of a large force of foreign troops.〕
森田安一編『スイス・ベネルクス史』新版世界各国史14(1998年)山川出版社、pp.264-265
〔Morita, Yasuichi (ed.), History of Switzerland and Benelux, New History of the Countries of the World 14 (1998), Yamakawa Press.〕

〔参照〕
名誉革命=英蘭コンプレックスの出現 (Anglo-Dutch complex)
Glorious Revolution : Emergence of the Anglo-Dutch complex: 本に溺れたい

|

« 葬式仏教の歴史的意義/ Historical significance of funeral Buddhism | トップページ | 追悼 安丸良夫 »

歴史」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百年後のアルマダ / the Spanish Armada a hundred years later:

« 葬式仏教の歴史的意義/ Historical significance of funeral Buddhism | トップページ | 追悼 安丸良夫 »