« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

歴史における事実と意見

中学歴史教科書で最も優れているのは東京書籍だと思うが、今年改訂された版の P.114に、「さまざまな身分と暮らし」という節がある。そこに我々も耳タコの「士農工商」の記述がある。

続きを読む "歴史における事実と意見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

なすべきことを発見する方法

人間にはその時々において大抵、「やりたいこと(実現したいこと)」(願望or欲望)がある。また、その際、当人にとって所与の環境条件や所持している能力・スキルによって制約され、限界づけられる「できること」(実行可能性)がある。

続きを読む "なすべきことを発見する方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

70年代J-POPの名曲ふたつ

小野香代子「さよならの言葉」1977年
第13回ヤマハポピュラーソングコンテストグランプリ

柴田まゆみ「白いページの中に」1978年
第15回ヤマハポピュラーソングコンテスト入賞

続きを読む "70年代J-POPの名曲ふたつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

日本史学における概念史の嚆矢

ドイツ国制史で鍛えられてきた概念史 Begriffsgeschichte 。それに類することは、自覚的でないならばこれまでにも幾つかある。例えば、網野善彦が「百姓」は farmerではなく、common people の意味だ、と発言しだしたのはおそらく1980年代後半からだと思う。

続きを読む "日本史学における概念史の嚆矢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人のミメーシス力としての「ハッチポッチステーション」

日本人の模倣力については、石川淳『文学大概』の「江戸人の発想法について」(1943年)において、江戸人は思想を分析するのではなく、俗化する操作と して「やつし」=「俳諧化」を好む、ということを述べていることが関連する。隋唐文化の「やつし」が奈良朝、欧米近代文化の「やつし」が明治文明開化だ。 日本文明のミメーシス的特性だろう。

続きを読む "日本人のミメーシス力としての「ハッチポッチステーション」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »