« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

I Only Want To Be With You (2)

前編を書いたのが2006年11月なので、今を去ること十年前ということになる。寒い季節になると頭部が格段に冷え込むのもなるほど、と頷かざるを得ない。

続きを読む "I Only Want To Be With You (2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Je crois entendre encore (Les Pêcheurs de perles, Georges Bizet, 1863)

男性歌手の歌う曲で、自然に涙が出てしまったのは、この曲が生まれて初めてなような気がする。

続きを読む "Je crois entendre encore (Les Pêcheurs de perles, Georges Bizet, 1863)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

自分の人生に自分が関わること(3)

本記事(1)への貴重なコメントがあり、ご教示を頂いた。深謝。
そのうえ、関連する事柄も思い出したので、記事とする。

続きを読む "自分の人生に自分が関わること(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

英作文教育は無駄である

私はまともに操れる外国語は一つとしてない。だから、生粋の日本語話者として考えてみる。

続きを読む "英作文教育は無駄である"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

自分の人生に自分が関わること(2)

現代資本主義は、次々とサイズの膨張を求める。
「規模の経済」「労働生産性の向上」「新しい市場」「技術革新(Innovation)」「経済成長」。それと相即するメンタリティーが「数字のロマンティシズム(Zahlenromantik)」(Max Weber)だ。

続きを読む "自分の人生に自分が関わること(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

自分の人生に自分が関わること(1)

去る12月4日(日)、イタリアにおいて、首相の権限強化を目指す憲法改正をめぐって、国民投票が行われ、政府案は否決され、翌月曜日レンツィ首相は辞意を表明した。

この機運をリードしたのが、イタリア五つ星運動だが、国内外の大手メディアではネガティブな報道が目立ち、いま一つその内実がわからない。そこで、当方が閲覧しているMLにて恰好の動画を教えて頂いたので早速ご紹介。

続きを読む "自分の人生に自分が関わること(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

ヒトはモノとコミュニケートできるか?

電子レンジは、出来上がると「チン!」と知らせくれる。洗濯機も洗い終わるとブザーで教えてくれる。乗用車のナビは運転者に「明けましておめでとうございます」とか言ったりする。まるで機械が話しかけてくれているかのように感じる。これはモノとのコミュニケーションなのだろうか。

続きを読む "ヒトはモノとコミュニケートできるか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »