« 自分の人生に自分が関わること(3) | トップページ | I Only Want To Be With You (2) »

2016年12月31日 (土)

Je crois entendre encore (Les Pêcheurs de perles, Georges Bizet, 1863)

男性歌手の歌う曲で、自然に涙が出てしまったのは、この曲が生まれて初めてなような気がする。

最初、気晴らしに、どれ久しぶりに映画音楽でも聴いてみるか、とネット上をうろつき、手頃そうなものということで以下のCDを入手した。

サウンドトラック・フェイヴァリッツ

しばらく、積読状態で放置していたが、年末ポツンと仕事をするので、BGM代わりに取り出してオフィスで聞き流していた。その中に、グッと胸を掴まれる歌があった。それがこれ。上記CDでの歌唱は、43歳で早世したサルヴァトーレ・リチートラ(Salvatore Licitra)で、思わず引き込まれはしたが、これでいいオッサンが泣くまでのことはなかった。

他に誰か歌ってないかyoutubeで探すと、この方面に疎い私でも聞き及んでいる、プラシド・ドミンゴ(Placido Domingo)39歳の声に遭遇した。これが素晴らしい。フランス語なぞわからないが、これが男が女を思う歌であることは、どんな朴念仁でも了解するだろう。

聞くからに聴衆を泣かせよう、泣かせようとするビゼーの哀しい旋律に乗って、ドミンゴが切々と歌うと、歌というよりまるでそれが惚れた女の面影を追う男の嗚咽に聞こえてしまう。

<French>
Je crois entendre encore

Je crois entendre encore,
Cache sous les palmiers,
Sa voix tendre et sonore
Comme un chant de ramiers.

O, nuit enchanteresse,
Divin ravissement,
O, souvenir charmant,
Folle ivresse, doux reve !

Aux clartes des etoiles,
Je crois encore la voir
Entrouvrir ses longs voiles
Aux vents tiedes du soir.

O, nuit enchanteresse,
Divin ravissement,
O, souvenir charmant,
Folle ivresse, doux reve !

Charmant souvenir !

<English>
I think I still hear

I think I still hear,
hidden under palm trees,
her voice soft and sound
like a song of wood pigeons.

Oh, enchanting night,
divine rapture,
oh, delightful memory,
mad euphoria, sweet dream!

In the clear starlight,
I think I still see her,
half drawing her long veil
in the tepid night breeze.

Oh, enchanting night,
divine rapture,
oh, delightful memory,
mad euphoria, sweet dream!

Delightful memory!

Placido Domingo in Pearl fishes - YouTube



Youtube上に、他の歌手による同曲のカバーがあったので次いで載せておくことにする。

Alison Moyet - Je Crois Entendre Encore - YouTube

DAVID GILMOUR - JE CROIS ENTENDRE ENCORE - HQ - YouTube

ちなみに、Les Pecheurs de perles(真珠採り)というオペラは、当時のセイロン(現スリランカ)を舞台にして、バラモン僧なるものが出てくる類の、19世紀中頃の西欧のエキゾチシズム嗜好、いわゆるオリエンタリズム(サイード) を飾るその他大勢のうちの一つの小品と言うところだろう。プロットを読んだがインドなるものに対して、頓珍漢なことを書いていると思われたが、作者(ビゼーとは別人)も、観客もそんなことはどうでもよいことで、未開の南国での悲しいラブロマンスの雰囲気があれば十分なわけだ。

青年ビゼー(当時25歳)の「泣き」の作曲術に脱帽でもある。日本でいえば、演歌みたいなものだが、日本人の男性演歌歌手が歌うものは女心を哀切に歌うパターンなのは思えば不思議なことだ。

※ちょっと、「ひばりの佐渡情話」を思い出したので、追加でYoutubeから引いておこう。
ひばりの佐渡情話 / 美空ひばり - YouTube

|

« 自分の人生に自分が関わること(3) | トップページ | I Only Want To Be With You (2) »

pops」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/64701101

この記事へのトラックバック一覧です: Je crois entendre encore (Les Pêcheurs de perles, Georges Bizet, 1863):

« 自分の人生に自分が関わること(3) | トップページ | I Only Want To Be With You (2) »