« 空気は暖められても「軽く」ならない | トップページ | 明治維新批判本の盛況と日本史家の反応 »

2017年5月 5日 (金)

Donella H. Meadows (1941-2001 USA)

 1972年にローマ・クラブが発表した「人類の危機」レポート、『成長の限界 The Limits to Growth 』。その主筆がメドウズ女史(Donella H. Meadows)だが、2001年に59歳で亡くなっていた。偶然彼女の言葉に出会い、感銘を受けたのでご報告しておく次第。生憎出典は不明。

The scarcest resource is not oil, metals, clean air, capital, labour, or technology. It is our willingness to listen to each other and learn from each other and to seek the truth rather than seek to be right - Donella Meadows

「最も希少な資源は、石油や金属、澄んだ空気、資本や労働、技術などではありません。それは、私たちの、相手に耳を傾けよう、互いから学び合おう、正義よりむしろ真実を求めよう、とする心なのです。」

|

« 空気は暖められても「軽く」ならない | トップページ | 明治維新批判本の盛況と日本史家の反応 »

環境問題」カテゴリの記事

複雑系」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/65236474

この記事へのトラックバック一覧です: Donella H. Meadows (1941-2001 USA):

« 空気は暖められても「軽く」ならない | トップページ | 明治維新批判本の盛況と日本史家の反応 »