« 凝固点降下と文明史(2) | トップページ | 凝固点降下と文明史(4) »

2017年10月23日 (月)

凝固点降下と文明史(3)

 《製鉄》のプロセスは、二段階に分けられる。

Ⅰ.酸化鉄を還元する。《酸化鉄 → 鉄+酸素》
Ⅱ.還元した《鉄》に炭素を含ませる、吸炭過程。炭素の含有率が高くなると、硬度が増す。炭素含有率が低くなり「純鉄」に近づけば近づくほど、軟らかくなり粘性が増す。それを利用して、用途に応じた多様な性質を持った《鉄》が作られる。

《注意点1》 鉄鉱石がドロドロの液体状にならないと《還元》できない訳ではなく、1000℃くらいまであげると個体のままで、《還元》できる。

《注意点2》 「鉄」の「吸炭」は、化合ではない。いわば、水に塩がとけている状態と同じで、混合しているだけ。これも、溶融する必要がない。固体のまま高温状態(1000℃前後)で「吸炭」する。

《注意点3》 炎は種類に応じて、温度が異なる。
キャンプファイヤー  →    1200℃から1400℃くらい
練炭や木炭の真っ赤になっている部分、アルコールランプ → 1000℃
ロウソクの外炎 → 1400℃
現代のガスストーブ、ガスコンロ、理科実験室のガスバーナー → 1700℃

 したがって、古代に製鉄技術はあるレベルまで発達したが、近世になるまで、溶融状態にして型に流し込む鋳鉄は、欧州、西アジアではできなかった。ただし、中国は、溶融銑鉄を紀元前後から作り出していた。

 今回の関連記事のソースは、主に以下。

永田和宏著『人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理』講談社ブルーバックス 2017年5月刊

続く

|

« 凝固点降下と文明史(2) | トップページ | 凝固点降下と文明史(4) »

歴史」カテゴリの記事

自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/65951858

この記事へのトラックバック一覧です: 凝固点降下と文明史(3):

« 凝固点降下と文明史(2) | トップページ | 凝固点降下と文明史(4) »