« 前方後円墳は、どっちが「前」? | トップページ | 文字無き世界(2) »

2017年11月17日 (金)

文字無き世界(1)

 文字の無い、あるいは文字が使われない社会を人類学では無文字社会とか、前文字社会とか言ったりします。この言葉を聞いて思いつくのは、例えば、アマゾンやボルネオ島奥地の密林で小さな集団(共同体)を作って暮らす、部族社会の人々でしょう。彼らはしばしば「現代において石器時代の生活を送る」といった形容がなされたりします。

 我々が暮らす現代社会と彼らの社会の違いは、《豊かさ》vs.《貧しさ》といった次元のところにあるわけではありません。《大規模かつ複雑な社会 large scale and complexed society》 vs.《小規模かつ単純な社会 small scale and simple sciety》というところにあります。後者は顔と顔を突き合わせる(face to face)ことが可能な範囲の社会と言い直してもいいでしょう。

 一方、いかなる規模の共同体においても、所与の環境下でその人間集団が「烏合の衆」化せず生き延びるため、指導者(leader)を選び出しています。仮にその共同体が face to face の範囲に収まるならば、そこのリーダーは共同体内で発生する日常的な仲間間の揉め事 conflict に対処しようとするとき、とりあえず当事者たちに会うことから始めるでしょう。しかし、これが千人の共同体ならどうでしょうか。1人の指導者が千人のメンバーと個人面談する、というのはなかなか難しそうです。

 またこういう話もあります。経験豊富な中小企業経営コンサルティングの実務家が言うには、1人のマネージャーがモニターできる労働者の数は、肉体労働者なら50人まで、知的労働者なら20人までがそれぞれ上限だというのです。そうだとすれば、

 50人の肉体労働者を管理する1人の中間マネジャー×20人=1000人

 モダンな経営管理の知識・経験を踏まえれば、仮にface to face だけでも、ぎりぎり1人のリーダーが1000人を統治することはできそうですね。縄文時代の三内丸山遺跡の盛期は千人内外で暮らしていたようですから、そこらへんが限界だったのでしょう。

続く

〔参照〕
文字無き世界(2)
文字無き世界(3/結)

|

« 前方後円墳は、どっちが「前」? | トップページ | 文字無き世界(2) »

文化史」カテゴリの記事

複雑系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/66001285

この記事へのトラックバック一覧です: 文字無き世界(1):

« 前方後円墳は、どっちが「前」? | トップページ | 文字無き世界(2) »