« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

マスコットと苦難の神義論(Theodizee des Leidens)

マスコット( mascot [en]/mascotte [fr])
英語圏には,フランスの作曲家オードランEdmond Audran(1840-1901)のオペラ《 La Mascotte 》の公演(1880)を機に知られるところとなった語。

続きを読む "マスコットと苦難の神義論(Theodizee des Leidens)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

北海道のマンモスはなぜ絶滅したか?

 大相撲の初場所は真冬に行われます。某国営放送の中継をみると解説している親方は室内とはいえ大抵半袖シャツ姿です。周囲に体のサイズが大きい方がいれば気付くと思いますが、彼らは大抵汗っかきで、夏場なら常時ハンカチやタオルを握りしめています。それはなぜでしょうか?

続きを読む "北海道のマンモスはなぜ絶滅したか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

奈良朝びとの古墳破壊とパーセプション・ギャップ

 弊記事で掲げた表に奇妙な部分があることに今頃気付きました。築造年順の7番目、市庭(いちにわ)古墳です。

続きを読む "奈良朝びとの古墳破壊とパーセプション・ギャップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

古墳は《お墓》ではない?(3/結)

 下記は、前回記事で引用した松木武彦氏の表を少し加工してみたものです。

続きを読む "古墳は《お墓》ではない?(3/結)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

古墳は《お墓》ではない?(2)

 (1)の続きです。

 (1)では、なんのために古墳が築造されたのか、ということで、故人の事績を顕彰するというより、築造そのものが目的だったと考えました。そう考えた場合のアイデアを幾つか列挙しました。

続きを読む "古墳は《お墓》ではない?(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

古墳は《お墓》ではない?(1)

 表題は意図的に書いてみました。というのも、《お墓》なら、古墳、とりわけ大王あるいは天皇クラスとみなされる全長数百メートルに及ぶ巨大な前方後円墳で、被葬者がいま一つわからん、なんてことが起きる訳がない、と思うのですね。

続きを読む "古墳は《お墓》ではない?(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

古代弥生人の名前

 縄文、弥生、古墳等の日本古代は無文字社会なので、基本的に人名は残りません。ま、残りようがない訳です。名は当然あったでしょうが、それを記録保存する文字がないからです。

続きを読む "古代弥生人の名前"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

日本列島の地域別人口分布の歴史的推移

 資本主義の歴史的膨張は、ロンドン、パリ、ニューヨーク、東京等の巨大都市へ諸資源(人口、マネー、知識など)の集中の過程と相即しています。その再検討の材料として地域別人口の概要は必須知識です。

 下記に大変有益な図表がありましたので、参考までにご紹介します。

図録▽地域別人口分布の超長期推移(縄文時代から1995年まで)

社会実情データ図録」様、毎度、貴重な図表をありがとうございます。

続きを読む "日本列島の地域別人口分布の歴史的推移"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

一つの H.G.Wells 評

 今からウン十年前に読んで、記憶の底に仕舞い込まれていました。ふと甦ったので、備忘として残すことにします。

続きを読む "一つの H.G.Wells 評"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

幕末に列島の植民地化危機はない(2)

 本件に関して、同時代の証言、それも当事者に近い立場の人間の言を一つ引いておきます。

続きを読む "幕末に列島の植民地化危機はない(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

貴種流離譚

光源氏須磨流竄の原因は、犯すことが、あつたのである。其故、天上に近い生活から、自ら去つて、流離することになったとしてゐる。其犯しの種類は違ふが、竹取の赫耶姫も、愈、昇天する前になつて、翁に語つた所では、天上の者だが、聊か犯しがあつて、人界に住むことになつたと言ふのである。

続きを読む "貴種流離譚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

Max Weber権力理論に対する Otto Brunner からの批判(1)

 ドイツ国制史の泰斗から、Weber権力論に関してこんな批判があったというのは今まで気付かなかった。ブルンナーの本を何年間も積読にしておく私が阿保なのだが・・・。

続きを読む "Max Weber権力理論に対する Otto Brunner からの批判(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »