« My First Rifle(初めてのライフル) | トップページ | Max Weberの「浄土真宗」観〔2〕 »

2018年3月31日 (土)

二つのヨーロッパ

 このところ、関東の太平洋側は好天に恵まれ、実に気持ちの良い日が続いています。本当に、日本列島の春先の太平洋側の気候は素晴らしい。

■気候と心/身体
 天気は心と身体のバイオリズムに直接、影響します。それからすれば、カルヴィニズム(Calvinism)のような殺風景な信仰が、一年の三分の二が曇りがちのどんよりした気候の、アルプス以北の人々に受け入れられたのは、無理もないと思います。 映画「バベットの晩餐会」(1987)の、冷え冷えとしたユトランドの寒村の描写を見ると、少しだけ実感できます。

バベットの晩餐会 Babettes gastebud(1987年)

■欧州の超大国フランス
 フランスは、伝統的に、欧州最大の人口、面積を有する超大国でした。と言うことは、歴代のフランス王家による併呑(軍事的、政略的)を繰り返しきた、民族的、言語的、文化的複合国家ということを意味します。それと関連しますが、欧州では仏、西だけが、地中海と大西洋、両方に面しています。

 こういう、北西ヨーロッパと南ヨーロッパの対照的な地勢、民勢を同時に持つ、一種、モザイク的、複雑な国家がフランスです。フランスが近代、絶えず革命/反革命の大波で、右へ左へと揺さぶられしまうのも当然と言う気がします。そして、ローマ帝国の遺産を、カトリック国制として継受し、北西ヨーロッパに引き渡したのも中継地フランク王国です。

 フランス上層部(あるいは、「財産と教養ある人々」)による、中下位層に対して一般的にある蔑視は、北西欧人による南欧人(イタリア人、イベリア人)への侮蔑「怠け者」と同じ構造ですね。

 それはまた、ゲーテのイタリア紀行にみられるように北西欧人の、南欧への憧れ、羨望、嫉妬の、逆転し捩じれた心性の一つの表現なのでしょう。

■西欧16世紀の可能性
 現代西欧にもし救いの道があるとしたら、16世紀のモンテーニュ(Montaigne 1533-92)やセルバンテス(Cervantes 1547-1616)的な道を再び歩き直すことなのだろうと思います。

|

« My First Rifle(初めてのライフル) | トップページ | Max Weberの「浄土真宗」観〔2〕 »

思想史」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/66557910

この記事へのトラックバック一覧です: 二つのヨーロッパ:

« My First Rifle(初めてのライフル) | トップページ | Max Weberの「浄土真宗」観〔2〕 »