« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月20日 (金)

言葉の織物(A Textile of Language)〔2〕

前回からの続き。

 私は、ヨハネ福音書の、少なくとも冒頭部の、「初めに言があった。」は真実を穿っているのではないかと考えています。

続きを読む "言葉の織物(A Textile of Language)〔2〕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

神の「影」 (The Shadow of God)

 キリスト教における、「神」vs.「ひと」、「ひと」vs.「ひと」の関係性を考えます。

続きを読む "神の「影」 (The Shadow of God)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

個人主義、その東と西

 儒家では、修身斉家治国平天下、と言います(礼記/大学)。

続きを読む "個人主義、その東と西"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

他山の石、あるいは小林秀雄のこと

 「他山の石」とは、石を磨くのに使う、もう一つの石のこと。転じて、他人の善いおこないは見習い、悪いおこないは自分の戒めにすること。「人の振り見て我が振り直せ」の意。

続きを読む "他山の石、あるいは小林秀雄のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

言葉の織物(A Textile of Language)

 三島由紀夫は、小説の世界をこう語ります。

続きを読む "言葉の織物(A Textile of Language)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

マリア様はひと様か、それとも神様か

 Max Weber は、人間集団の組織化に二つのカテゴリーを作りました。

Anstalt アンシュタルト(=institution)
Verein  フェライン(=club or association)

続きを読む "マリア様はひと様か、それとも神様か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

「グライダー人間」から「飛行機人間」へ?


 三十年以上前からこの件については、『思考の整理学』1986年ちくま文庫で警告していました。

続きを読む "「グライダー人間」から「飛行機人間」へ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier)

 ザビエル(Francisco de Xavier 1506-52)は、イベリア半島の付け根、ビスケー湾(大西洋岸)寄りのピレネー山脈沿いにあった、中世ナバラ王国のバスクの血をひく名門貴族出身です。

続きを読む "中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

materialism(物質主義)からphysicalism(肉体主義)へ

 哺乳動物の外界認知のかなり大きな部分は、眼からくる視覚情報が占めます。なぜなら、風に乗ってくる匂いや空気の振動で伝わる音に比べて、光の伝達速度は瞬間だからです。

続きを読む "materialism(物質主義)からphysicalism(肉体主義)へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

維新=ボリシェヴィキ革命、の最大の歴史犯罪

 維新=ボリシェヴィキ革命の最大の歴史犯罪は、神仏分離=廃仏毀釈です。

 二つの点が犯罪的でした。

続きを読む "維新=ボリシェヴィキ革命、の最大の歴史犯罪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ