« 中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier) | トップページ | マリア様はひと様か、それとも神様か »

2018年7月 7日 (土)

「グライダー人間」から「飛行機人間」へ?


 三十年以上前からこの件については、『思考の整理学』1986年ちくま文庫で警告していました。

 学校教育が作っているのは「グライダー人間」であって、コンピューター(今ならAI)の出現以降は、「グライダー人間」は不要となる。今後は、「飛行機人間」が必要で、必要な知的スキルは、「暗記する」スキルではなく、「忘れる」スキルだ、と。

 この三十年間、日本の教育はなんら変わっていない、ということの帰結が、「マジで、今、何を食べたいのかわからない」高偏差値学生の大量生産、というミゼラブルな現状なのでしょう。

 立身出世の階梯を、他人より、いち早く駆け上がる、という心性が広く一般社会全体に拡散するのは、年々人口規模が拡大し、hierarchyのピラミッドの階層が未来に向けてどんどん多層化、複雑化する近代社会のみです。すなわち、「成長社会」です。

 ところが、現実の日本の総人口は、50年後に1/3減の9000万人、100年後には、2/3減の4000万人です。成長はおろか、急激に収縮しています。日本の近代人口成長が、徳川末期(19世紀半ば)3500万人⇒昭和初期6000万人(20世紀初期)⇒昭和42年1億人(20世紀半ば)、です。従いまして、凄まじい勢いで「坂の上の雲」を突き抜け、ピークに達した山を今度はまた、同じ勢いで駆け下りている、という様子が近現代日本の人口動態です。

3 人口減少社会の接近|平成17年版 少子化社会白書(本編<HTML形式>) - 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) - 内閣府 より

第1部 少子化対策の現状(第1章)|平成29年版 少子化社会対策白書(概要<HTML形式>) - 内閣府

 そんな社会が、「立身出世」信仰と「screening」の近代教育システム、という制度パッケージと齟齬をきたさない訳がない。むしろ、破綻して当りまえです。

 安倍自民政権がヤバいのは、国家主義だからというより、明治維新の理想、の美名の下、彼らの脳内選択肢に、「現状の拡大、or さもなくばその維持」しか存在しない、という定見のなさに依ります。米国の植民地総督でしかないPM安倍にはそれ以外ないのは、ある意味、合理的ではあります。

 日本のold fashion な高等教育システムに比べれば、「地あたまが良い」子なら、英米系の高等教育を受けようとするでしょうが、アングロサクソンも知的中心部には、近代の夢魔、「growth」が相も変わらず盤踞していますから、かつてのフルブライト奨学生と同じく、より強化された米英の走狗になることも危惧され、嫌になります。

|

« 中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier) | トップページ | マリア様はひと様か、それとも神様か »

学習理論」カテゴリの記事

歴史と人口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/66917249

この記事へのトラックバック一覧です: 「グライダー人間」から「飛行機人間」へ?:

« 中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier) | トップページ | マリア様はひと様か、それとも神様か »