« materialism(物質主義)からphysicalism(肉体主義)へ | トップページ | 「グライダー人間」から「飛行機人間」へ? »

2018年7月 6日 (金)

中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier)

 ザビエル(Francisco de Xavier 1506-52)は、イベリア半島の付け根、ビスケー湾(大西洋岸)寄りのピレネー山脈沿いにあった、中世ナバラ王国のバスクの血をひく名門貴族出身です。

Kingdom of Navarre - Wikipedia様よりお借りしました。
 リーガ・エスパニョーラを動画でみていただくと一目瞭然ですが、地元のビルバオはバスク人主義のプロチームで、そこから想像するに、バスク人はコーカソイドの中でも比較的小柄・黒髪で浅黒い人々だったと想像されます。また、バスク語は印欧語族のロマンス語とは全く別系統の語らしく、実は系統がわかっていません。ただ、面白いことに、述語動詞が文末にくる、という、日本語と似た統語構造を持っているようです。
「 Aita-k   semea    maite du 」〈父は息子を愛する〉
  (父は)(息子を)(愛する)
 ザビエルがマラッカで出会ったアンジローから、日本人(の容姿)と日本語(の構造)のことを知った時、「これは東洋のバスクか?」と神の恩寵を感じ、渡日を熱望することは大いにあり得ます。

|

« materialism(物質主義)からphysicalism(肉体主義)へ | トップページ | 「グライダー人間」から「飛行機人間」へ? »

中世」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/66905638

この記事へのトラックバック一覧です: 中世ナバール王国の貴公子ザビエル(Xavier):

« materialism(物質主義)からphysicalism(肉体主義)へ | トップページ | 「グライダー人間」から「飛行機人間」へ? »