« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

洗濯物はなぜ乾く?(2結)

 前回からの続きです。

■水
 次は、問題の液体(liquid)としての水です。

続きを読む "洗濯物はなぜ乾く?(2結)"

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

洗濯物はなぜ乾く?(1)

 「水(H2O)は、何度で蒸発する?」と質問されたら、「100℃でしょ。」と普通は応答します。しかし、洗濯物を屋外の風通しの良い場所に干すと、晴天で気温が順調に上昇(20℃前後)すれば、日中の数時間で気持ちよく乾燥します。外気温が100℃になることは地球上ではあり得ないので、先の応答では理屈にあいません。これはどう説明したらよいのでしょうか。

続きを読む "洗濯物はなぜ乾く?(1)"

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

別世界の消息(承前)

 前記事に関して、一言。

続きを読む "別世界の消息(承前)"

| | コメント (0)

別世界の消息

 柳田国男は、「天然の禁色(きんじき)」という造語で、この世のものとは思われない色は、かつて「別世界の消息」であったと語ります。

続きを読む "別世界の消息"

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

感覚の階梯、あるいは改訂

 経済成長とはなんでしょうか。辞書的定義は、国民経済の規模が、年々拡大すること、となります。

続きを読む "感覚の階梯、あるいは改訂"

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

柳田国男の Conservative political theory

 柳田はこの「天然の禁色」(柳田当該書p.7)の社会心理の特質として、二つのことを挙げている。第一に自発的なコントロール、「特に制度を立てて禁止された」(柳田p.8)抑制ではないということ。第二に感覚的なコントロール、「必ずしも計算の結果ではなく」(柳田p.8)ということ。

続きを読む "柳田国男の Conservative political theory"

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

平川 新『戦国日本と大航海時代』中公新書(2018/04)〔補遺〕

 以下、amazonレビュー版です。同工異曲ですが、ご参考になれば幸甚。

続きを読む "平川 新『戦国日本と大航海時代』中公新書(2018/04)〔補遺〕"

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

小心翼々たる大日本帝国

 二つの引用をみてください。

続きを読む "小心翼々たる大日本帝国"

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

平川 新『戦国日本と大航海時代』中公新書(2018/04)〔4/結〕

〔3〕での議論はこうでした。

化石資源(石炭)を燃料とする熱機関が搭載された陸上輸送手段(鉄道)が登場する19世紀半ばまでは、海上輸送(船舶)が陸上輸送(人力、畜力)より圧倒的にエネルギー効率が高かった。だから、帆船(商船および軍艦)のテクノロジーを飛躍的に発達させた近代西洋が世界を支配できた。

続きを読む "平川 新『戦国日本と大航海時代』中公新書(2018/04)〔4/結〕"

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »