« 柄谷行人著『世界史の実験』2019年2月岩波新書 | トップページ | デフレギャップの正体(Identity of deflationary gap)(2) »

2019年7月 7日 (日)

弊ブログの取扱説明書

 弊ブログには、2019年07月06日現在、約1500件の記事(essays)が公開されています。

 内容はかなり広範囲です。社会科学、人文学、自然科学、pop culture等。集合論〔数学〕の本に関するコメントもあります。従いまして、どのような興味・関心からであっても、たまたま弊ブログに漂着された方に読める記事が何かしらあると思います。もしお時間があれば、右サイドバーにある、検索ウィンドウ、あるいは、カテゴリー一覧から探って頂ければ幸いです。弊記事に疑問がある場合は、たいていどれにも典拠や出典は明記してありますので、来訪された方が調べ直すことができるようになっています。あるいは、コメント欄に記入して頂ければ嬉しいです。

 弊ブログの特徴は、どの記事でも、「歴史的思考(生成的思考)」と「理論的思考(循環的思考)」から考察されていることです。「歴史的思考」は、「object、あるいは reality」の「唯一性の呪縛」から私たちを解き放つ効果があります。「理論的思考」は、錯誤しがちな私たちの思考過程を補正し、考察結果にまちがいがあったとき、思考過程のどこにエラーがあったのか検証するためです。

 ブログ主が尊敬し、ブログ主の知的資源(resources)とさせてもらっているのは、塩沢由典の複雑系理論、関 曠野の思想史学、Max Weberの歴史社会学、David Humeの批判的洞察力、梅棹忠夫の文明学、等です。本当の意味で生かせているのかどうかは、個々の議論の出来で判断を仰ぐしかないですが。

 以上の贅言が弊ブログを来訪された方々にとり、幾ばくかの足しになれば幸甚です。

|

« 柄谷行人著『世界史の実験』2019年2月岩波新書 | トップページ | デフレギャップの正体(Identity of deflationary gap)(2) »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柄谷行人著『世界史の実験』2019年2月岩波新書 | トップページ | デフレギャップの正体(Identity of deflationary gap)(2) »