« 南米アマゾン熱帯雨林火災〔2〕 | トップページ | 世代間抗争としての環境問題(Environment issues as Intergenerational conflicts) »

2019年9月23日 (月)

Venus (1969, by Shocking Blue)

 たまたま、youtube で見かけた動画ですが、画面に釘付になってしまいました。

 まず楽曲がかっこいい。小編成のバンド(vo, lead guitar, base guitar, drum)もそれぞれテクニックを感じます。そしてなにより、Mariska Veres(Vo)の突き放したような、冷めた声、動き、異国風の容姿が際立ちます。また、このグループが Netherlands 出身であることは、今回調べて初めて知りました。いわゆる「一発屋 one-hit wonder」で終わったと思われますが、この Venus 以外に、Never Marry A Railroad Man なんてのも、不思議な魅力があります。

 ボーカルのMariska Veresは、The Hague 出身ですが、ハンガリー出身のロマ (Romani)の父親と、French, Russianの血を引くドイツ生まれの母親の間に生まれたとのことで、彼女の複雑な魅力の一端はその出自にあるのでしょう。

 

Venus  (Written by Robbie van Leeuwen)

A godness on a mountain top
Was burning like a silver flame
The summit of beauty and love
And Venus was her name

She's got it
Yeah, baby, she's got it
Well, I'm your Venus
I'm your fire, at your desire
Well, I'm your Venus
I'm your fire, at your desire

[Bridge: Shocking Blue]
Her weapons were her crystal eyes
Making every man mad
Black as the dark night she was
Got what no-one else had
WoW!

She's got it
Yeah, baby, she's got it
Well, I'm your Venus
I'm your fire, at your desire
Well, I'm your Venus
I'm your fire, at your desire

Ah-ah-ah-ah-ah-ah-ah!
Ah-ah-ah-ah-ah-ah-ah!

She's got it
Yeah, baby, she's got it
Well, I'm your Venus
I'm your fire, at your desire
Well, I'm your Venus
I'm your fire, at your desire

|

« 南米アマゾン熱帯雨林火災〔2〕 | トップページ | 世代間抗争としての環境問題(Environment issues as Intergenerational conflicts) »

pops」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南米アマゾン熱帯雨林火災〔2〕 | トップページ | 世代間抗争としての環境問題(Environment issues as Intergenerational conflicts) »