« 藤井哲博『咸臨丸航海長小野友五郎の生涯』1985年中公新書 | トップページ | 新明正道『社会學史槪説』1954年岩波書店 »

2019年11月11日 (月)

岡義武『山県有朋 明治日本の象徴 』2019年岩波文庫

 近時、文庫化されましたので、レビューをamazonに投稿しました。ご参照頂ければ幸甚です。

岡義武『山県有朋 明治日本の象徴』2019年岩波文庫

史家としての岡義武

2019年11月8日
 本書は、明治政治史を鳥瞰するのに、分量、内容からみて最良のものです。このボリュームに、山縣の生涯と明治政治史を緊密に配して、間然するところがありません。

 かつて、三島由紀夫は「文章の不思議は、大急ぎで書かれた文章がかならずしもスピードを感じさせず、非常にスピーディな文章と見えるものが、実は苦心惨憺の末に長い時間かけて作られたものであることであります。」(『文章読本 (中公文庫)』p.187)、と述べました。本書はその見本です。これを可能ならしめたのは、岡義武の才と研鑽でしょうが、岡の史家としての自己抑制(Weberの「行動的禁欲aktive Askese」)、方法意識の賜であるようにも思います。

 従いまして、本書に「分析」を求めてはならないと思います。研究書ではなく、あくまでも史書だからです。それゆえに、日本近代史政治史を叙述した名著として生命を保持してきましたし、これからも永く読み継がれるでしょう。

 評者は、山縣の死後から1945年へ向かう、明治憲法体制の崩壊と帝国陸海軍末期の無様な秩序崩壊の断末魔に関して、維新元勲のInner Circle中、少なくとも山県は有責であると思います。だから、個人的には最も嫌悪する人物ですが、本書はその中庸な筆致にも拘らず(それゆえに?)、個人的には最も敬意を払う書です。

 江湖にひろくご一読を勧めます。

|

« 藤井哲博『咸臨丸航海長小野友五郎の生涯』1985年中公新書 | トップページ | 新明正道『社会學史槪説』1954年岩波書店 »

明治」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

三島由紀夫」カテゴリの記事

山県有朋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤井哲博『咸臨丸航海長小野友五郎の生涯』1985年中公新書 | トップページ | 新明正道『社会學史槪説』1954年岩波書店 »