« 黒井千次『春の道標』小学館(P+D BOOKS 2017年9月5日) | トップページ | 久しぶりに憤りました »

2020年2月11日 (火)

山火事と真夏の南極(a forest fire and the Antarctic Pole in summer)

 昨年来、大規模に発生していたオーストラリアの山火事ですが、何とかおさまりそうです。しかし、その経緯を観察すると、もろ手を挙げるには、ちと後味が苦い。

 人類の環境負荷の、自然環境へのストレスが山火事を引き起こし、 その人類がこの厄災を前にして(事実上)拱手傍観していると、 これまた自然の(結果的な)慈雨によって自然鎮火する。 理の当然、というべきか、情けないというべきか。 新型肺炎等の疫病もそうですが、人類の近未来をシミュレーションしているようで気が滅入ります。

下記をご参照ください。

30年来の大雨ですべての山火事が収束へ オーストラリア(森さやか) - 個人 -
Yahoo!ニュース

 ついでの情報をつぎ足しますと、現在、南極は真夏ですが、それでも記録的な高温で、 摂氏18度とのことです。下記参照。

人類誕生の最南端で史上最高18.3℃ 南極(森さやか) - 個人 - Yahoo!ニュース

|

« 黒井千次『春の道標』小学館(P+D BOOKS 2017年9月5日) | トップページ | 久しぶりに憤りました »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒井千次『春の道標』小学館(P+D BOOKS 2017年9月5日) | トップページ | 久しぶりに憤りました »