« 塩沢由典『増補 複雑系経済学入門』2020年5月ちくま学芸文庫(2) | トップページ | 塩沢由典『増補 複雑系経済学入門』2020年5月ちくま学芸文庫(3) »

2020年6月17日 (水)

悲しみは《こころ》を解き放つ/ It is sadness to release the bound heart.

「他ひとに愛想を盡かした私は、自分にも愛想を盡かして動けなくなつたのです。」夏目漱石『こころ』復刻版p.422、「先生と遺書」より

「悲劇はあわれみとおそれを通じて、そのような感情の浄化(カタルシス)を達成する。」(アリストテレス『詩学』岩波文庫、P.34)

「事件が起つてからそれまで泣く事を忘れてゐた私は、其時漸く悲しい氣分に誘はれる事が出來たのです。私の胸はその悲しさのために、何の位寛ろいだか知れません。苦痛と恐怖でぐいと握り締められた私の心に、一滴の潤ひを與へてくれたものは其時の悲しさでした。」夏目漱石『こころ』復刻版p.413、「先生と遺書」より

|

« 塩沢由典『増補 複雑系経済学入門』2020年5月ちくま学芸文庫(2) | トップページ | 塩沢由典『増補 複雑系経済学入門』2020年5月ちくま学芸文庫(3) »

文学」カテゴリの記事

Aristotle」カテゴリの記事

夏目漱石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩沢由典『増補 複雑系経済学入門』2020年5月ちくま学芸文庫(2) | トップページ | 塩沢由典『増補 複雑系経済学入門』2020年5月ちくま学芸文庫(3) »