« 1945年9月2日日曜日 | トップページ | 自由における「である」こと、「する」こと »

2020年9月 3日 (木)

芸に遊ぶ

 「芸に遊ぶ」。これは、名著 日本の数学 (岩波新書 赤版 61)(初版1940年)において著者の小倉金之助が要約した標語、和算家の理想です(岩波新書1964年、p.100)。

 私は学部学生の頃、この文を図書館で読み、頷いてはみたものの時折ふっと思い出すのです。半世紀近く経てまだ記憶に残っていると言うことは、余ほど感銘を受けたか、違和感を持っていたのだと思います。

 同書同箇所には、「和算家は、好んで「無用の用」ということを、言いました。」とも述べられています。徳川期、市中には和算塾というべきものがありました。一般庶民がわざわざ月謝を払って《習い事》として「数学」を習っていたのです。また松尾芭蕉が諸国を遊歴して俳諧指導したように、諸国で和算を指導し、各地の和算家とその力を競い合い、神社に算額を奉納して歩く遊歴算家という人たちもいました。これは文字通り、田中美知太郎 ソフィスト (講談社学術文庫 73)や関曠野 プラトンと資本主義が伝えるソフィスト像そのものです。

 徳川期庶民における「遊び」としての学芸。これと類比し得るものが近世西欧、近世中華帝国にはなさそうです。比肩し得るのは古代ギリシアでしょう。中世イスラムはちょっとわかりません。

 現代日本人は、ホイジンガ ホモ・ルーデンス (中公文庫)、ロジェ・カイヨワ 遊びと人間 (講談社学術文庫)を既に手にしています。ホイジンガを読み、カイヨワを声高に論じながら、徳川期学芸の「遊び」性には眼を向けない。さすがに西欧起源の現代文明に金属疲労が明らかな21世紀、いつまでも、西欧学芸を「手習い」している場合ではないと思わずにはいられません。

|

« 1945年9月2日日曜日 | トップページ | 自由における「である」こと、「する」こと »

Tokugawa Japan (徳川史)」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

科学哲学/科学史」カテゴリの記事

Seki Hirono(関 曠野)」カテゴリの記事

文明史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1945年9月2日日曜日 | トップページ | 自由における「である」こと、「する」こと »