« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月27日 (土)

「百姓」は農民(peasant / farmer)ではない/ "Hyakusho" is not a peasant or a farmer

 以下の、
故網野善彦の指摘も、日本史における「概念史Begriffsgeschichte」の作業と言っていいでしょう。

網野善彦『歴史を考えるヒント』2001年新潮文庫、より

続きを読む "「百姓」は農民(peasant / farmer)ではない/ "Hyakusho" is not a peasant or a farmer"

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

幕末維新期における“文化大革命”/ The "Cultural Revolution" at the end of Tokugawa Japan

 以下は、

  安丸良夫『神々の明治維新 -神仏分離と廃仏毀釈- 』1979年岩波新書

への 書評記事〔2008年6月17日 (火)投稿〕を、若干改訂したものです。今さらに何故、新記事としたのかと申しますと、重要な事実を新たに付加したためです。以前の書評記事を既読の方も、お目汚しに笑覧頂ければ幸甚です。

続きを読む "幕末維新期における“文化大革命”/ The "Cultural Revolution" at the end of Tokugawa Japan"

| | コメント (0)

2021年2月10日 (水)

「経済複雑性」と日本の22世紀(3)/ "Economic Complexity" and Japan in 22nd Century (3)

塩沢先生、(2)へのコメントありがとうございます。

1>「構造改革」が、規制緩和さえすれば日本経済が再活性化するといった安易な考え方に一元化されてしまったことも影響しているでしょう。医薬品の開発には、すぱやい治験を可能にするなど、制度構築が欠かせませんが、そういう方面への構想力に欠けていたのではないでしようか。
2>高学歴ワーキンプアを多数生み出していても、まともな反省のないような国には明るい未来はありません。

続きを読む "「経済複雑性」と日本の22世紀(3)/ "Economic Complexity" and Japan in 22nd Century (3)"

| | コメント (1)

2021年2月 9日 (火)

賢いオイディプスが何故「過つ」か/ Why Oedipus, the Wise, Made a Mistake

 以下は、amazonレビューに掲載した、アリストテレース詩学/ホラーティウス詩論 (岩波文庫)Poetics (Oxford World's Classics)、への短評です。二番煎じ、三番煎じの類ですが、埋め草記事として弊ブログにもpostしておきます。悪しからず。

続きを読む "賢いオイディプスが何故「過つ」か/ Why Oedipus, the Wise, Made a Mistake"

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

人は言葉の外に出られない(2)/ People can't go outside the word (2)

前回(1)からの続き。

 すなわち、Kant の「物自体 Ding an sich 」も言葉の内側にあります。Kant も人類の一員ですから、それは仕方のないことです。むしろ当たりまえと言うべきでしょう。

 それでは、言葉という殻の囚人である人類は、なぜ致命的な error 等による絶滅を免れてこれたのしょうか。

続きを読む "人は言葉の外に出られない(2)/ People can't go outside the word (2)"

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

反ジェネシスとしてのブリコラージュ論/ Bricolage as anti-Genesis

 標題は、フランソワ・ジャコブ『可能世界と現実世界』1994年みすず書房Francois Jacob, The Possible and the Actual (Jessie & John Danz Lectures))、のamazonレビューに付したものです。弊ブログ記事の他篇と同工異曲ですが、一応こちらにもupしておきます。

続きを読む "反ジェネシスとしてのブリコラージュ論/ Bricolage as anti-Genesis"

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

「経済複雑性」と日本の22世紀(2)/ "Economic Complexity" and Japan in 22nd Century (2)

 前記事(1)に貴重なコメントを、理論経済学を革新しつつある、塩沢由典氏より戴きました。コメント欄では閲覧される機会が少ない憾みがあります。そこで、新記事中に引用させて頂くこととしました。以下です。

続きを読む "「経済複雑性」と日本の22世紀(2)/ "Economic Complexity" and Japan in 22nd Century (2)"

| | コメント (1)

2021年2月 1日 (月)

「経済複雑性」と日本の22世紀(1)/ "Economic Complexity" and Japan in 22nd Century (1)

 畏友府川氏から下記のご教示を頂きました。

1.経済複雑性指標で日本は世界一。
2.日本は輸出品の品目のバラエティーの多さ及び世界的に偏在性の高くない独自品目を生産供給している。
3.石油のみ、コーヒーのみ輸出産品という国は市場の影響を受けやすく、打たれ弱い。しかし近年、アフリカあたりでも産業が高度化し、電子機器製品の輸出を始めている。

続きを読む "「経済複雑性」と日本の22世紀(1)/ "Economic Complexity" and Japan in 22nd Century (1)"

| | コメント (1)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »