« 加藤楸邨の鉄道秀句/ Excellent Railway 'Haiku' by Kato Shuson | トップページ | 混沌の海を渡る/ Crossing the Sea of Chaos »

2022年2月26日 (土)

LILIUM: ラテン語によるアニソン/ LILIUM: The anime song written in Latin (1)

 おそらくアニメ史上唯一のラテン語によって書かれたアニソンがあります。そのアニメは、『エルフェンリート』(2004年CS放送、原作者:岡本倫、監督:神戸守)のOPソングの「LILIUM」です。作詞・作曲・編曲は、小西香葉/近藤由紀夫の両氏(ユニット名、MOKA☆)です。アニメにおける美しく凛々しいボーカルは、野間久美子さんでした。

 放映後、サウンドトラックが別売されていなかったのですが、耳コピされ、世界中でカバーされるに至っています。そこで、原作者たちが、オリジナルのコードとメロディで混声合唱で2016年に発表したCDが下記です。

LILIUM MOKA☆ Produce Mixed Chorus

 

ラテン語の lyrics は、下記です。

LILIUM

Os iusti meditabitur sapientiam,
Et lingua eius loquetur indicium.

Beatus vir qui suffert tentationem,
Quoniam cum probatus fuerit accipiet coronam vitae. 

Kyrie, fons bonitatis
Kyrie, ignis divine, eleison

O quam sancta, quam serena,
quam benigna, quam amoena esse Virgo creditur
O quam sancta, quam serena, quam benigna, quam amoena
O castitatis lilium

Kyrie, fons bonitatis
Kyrie, ignis divine, eleison

O quam sancta, quam serena,
quam benigna, quam amoena esse Virgo creditur
O quam sancta, quam serena, quam benigna, quam amoena
O castitatis lilium

 上記を英訳してくれているサイトがありました。英文は下記です。この英文をDeepLで翻訳したものも付しておきます。

The mouth of the just shall meditate wisdom
And his tongue shall speak judgment
Blessed the man who resists temptation
Since he, with striving, shall receive the crown of life

Lord, fire divine, have mercy…
O how sacred, how serene, how benevolent, how lovely,
O Lily of purity!

Lord, fire divine, have mercy…
O how sacred, how serene, how benevolent, how lovely,
O Lily of purity!

正しい者の口は知恵を詠む。
その舌は裁きを語る
誘惑に抵抗する人は幸いである。
努力すれば、命の冠を受けることができるので

主よ、神聖なる火よ、憐れみたまえ...。
なんと神聖で、なんと静謐で、なんと慈悲深く、なんと愛らしいことか。
純潔のユリよ

主よ、神の火よ、慈悲を...
ああ、なんと神聖で、なんと穏やかで、なんと慈悲深く、なんと愛らしいのだろう。
純潔のユリよ

※ lyrics を掲載してくれていたサイトは下記です。

※オリジナルサウンドトラックを聞けるサイトは下記です。

 

 (2)

|

« 加藤楸邨の鉄道秀句/ Excellent Railway 'Haiku' by Kato Shuson | トップページ | 混沌の海を渡る/ Crossing the Sea of Chaos »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

pops」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加藤楸邨の鉄道秀句/ Excellent Railway 'Haiku' by Kato Shuson | トップページ | 混沌の海を渡る/ Crossing the Sea of Chaos »