« LILIUM: ラテン語によるアニソン/ LILIUM: The anime song written in Latin (1) | トップページ | ロシアに”忖度”し始めた国連(The United Nations is beginning to "discover" Russia.) from Daily Mail Online/ Published: 15:25 GMT, 8 March 2022 »

2022年3月 9日 (水)

混沌の海を渡る/ Crossing the Sea of Chaos

 未知の対象を既知にする方法、すなわち探求の方法論(Methodology of Inquiry)について、既に幾度か本ブログでも触れて来ました。

※本ブログのカテゴリー「知識理論」「abduction」をご参照頂ければ幸甚。

 ここで一つのmetaphorを試してみます。

 未知の対象は、「混沌の海」あるいはその「向こう岸」です。そこを何とか渡海したい。しかし何処に対岸があるのか、向こう岸があるかさえ、不明です。そこで、可能な範囲で小さな島を作ります。つまりどんなに些細な事でも、わかること、分かったこと、分かりそうなことを言語化します。

 当面、その小さな拠点を作ることに熱中します。そうしているうちに、島と島の位置関係、例えば、並列か直列か、或いはそれらの階層構造、繋がり方の近接性あるいは遠隔性、包含か共有か、動的な継起性、色彩のスペクトラム、が少しづつ見えてきます。その見えてきた関係性が、小島どうしをつなぐ「橋」です。

 その小島群、それらをつなぐ幾つもの橋、段々見えてきた島嶼の俯瞰、それこそが「混沌の海」あるいは「向こう岸」そのものと言えます。その時には、すでに未知の対象がほぼ既知化したと言えるでしょう。

 残った作業は、その立体的、あるいは動的な像(vision)をどうやって、言語記述の線型性(linearity)に落とし込むか、です。この話題はまた別途論じる※1ことにします。
※1参照  脳内の像の言葉を通じた次元低下とその復元 Reducing dimension of the image in the brain by words and its restoring: 本に溺れたい

※本記事のアイデアは、混沌に目鼻をつける/ Appearance of chaos: 本に溺れたい、および下記の書から拝借しました。

 とりあえずわかる部分をパズルのようにつなぎ合わせて、そこを理解の小島にして、橋をかけていくようなかたちで、理解の道をどんどんつないでいく。すると、ふと視界が開ける瞬間がある。
齋藤孝『雑菌主義宣言!』2009年文藝春秋社、p.73

 

|

« LILIUM: ラテン語によるアニソン/ LILIUM: The anime song written in Latin (1) | トップページ | ロシアに”忖度”し始めた国連(The United Nations is beginning to "discover" Russia.) from Daily Mail Online/ Published: 15:25 GMT, 8 March 2022 »

知識理論」カテゴリの記事

abduction(アブダクション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LILIUM: ラテン語によるアニソン/ LILIUM: The anime song written in Latin (1) | トップページ | ロシアに”忖度”し始めた国連(The United Nations is beginning to "discover" Russia.) from Daily Mail Online/ Published: 15:25 GMT, 8 March 2022 »