« Liah Greenfeld's "Trilogy of Nationalism" | トップページ | 【ロシア・米英戦争】としての、《ロシア・ウクライナ紛争》 »

2022年4月28日 (木)

ライア・グリーンフェルド(Liah Greenfeld)"ナショナリズム三部作”

下記は、amazonでの紹介/要約をただ転載したものです。それだけでも、かなり面白い内容だとわかります。本邦未訳です。翻訳が大好きな日本人学者たちはどうしたのでしょうか? (※すべて、DeepLによる機械翻訳です)

1. Liah Greenfeld, Nationalism: Five Roads to Modernity, 1992/12/15.

ナショナリズムとは、国家のアイデンティティ、意識、集合体をまとめる運動であり、心の状態である。それは旧体制から近代への大転換を成し遂げ、生産、流通、交換の上に想像力を置き、社会的・政治的世界を形成し方向づける人々と領土に対する権力の本質を変化させた。500年にわたる5つの国の研究であるこの歴史的指向の社会学の著作は、このテーマに関するこれまでのすべての著作に取って代わるに十分なものである。テーマは単純でありながら複雑で、イギリスがその最も早い時期に自意識的なナショナリズムの感覚とその実用的な方法によって、自らを変革しながら既存の制度を利用し、先駆者であったことを示唆している。そして、その後に続くのがアメリカである。アメリカには邪魔になる制度がない。フランス、ドイツ、ロシアも同じ道を歩み、その過程でナショナリズムを変化させた。

ナショナリズム/タイトル>は、法律文書、時代辞典、回想録、書簡、文学作品、神学・政治・哲学的著作物、伝記、統計、歴史など4つの言語による実証データに基づいている。構造的、文化的、心理的要因の複雑な相互作用をこれほどまでに徹底的に説明したものは他にはない。また、アイデンティティ、アノミー、エリートといった概念がこれほどまでに生き生きと描かれているものは他にないでしょう。

 

2. Liah Greenfeld , The Spirit of Capitalism: Nationalism and Economic Growth, 2001/11/30

経済学者も経済史家も答えられなかった経済学の根本的な疑問、すなわち「持続的な経済成長の理由(条件だけでなく)は何か」という問いに答えるのが『資本主義の精神』である。ライア・グリーンフェルドは、マックス・ウェーバーの同分野の有名な研究から題名を取り、16世紀以降、経済を自給自足から利潤重視へとイギリス、オランダ、フランス、ドイツ、日本、アメリカにおける経済意識の発展を詳細に分析し、成長志向の近代経済を支えた動機、すなわち「精神」は、「合理的経済主体」の解放ではなく、むしろナショナリズムであったと主張することができる。ナショナリズムは、国家の威信をかけた果てしない競争に大衆を駆り立て、経済競争という現象をもたらした。

アメリカほど、経済活動が合理的なコスト計算から切り離されている国はない。アメリカでは、経済が政治生活のすべてであり、すべての社会的進歩を決定するものと認識されるようになった。アメリカの「経済文明」は、国家をより大きな経済的達成へと駆り立てている。しかし、その結果、アメリカ人は自分の追求の目的がわからないまま仕事中毒になり、アメリカの政治家は外交政策における経済的関心の重さを誇張するようになり、しばしばアメリカの政治的影響力を低下させ、世界の他の国々を混乱させることになるのである。

 

3. Liah Greenfeld, Mind, Modernity, Madness: The Impact of Culture on Human Experience, 2013/4/8

大志を抱き、アイデンティティを確立し、自己実現する自由がある、それがアメリカンドリームなのです。しかし、この無限の自己実現という文化が、実は何百万人もの人々を絶望的なまでに病ませているとしたらどうだろう。近代とナショナリズムの解釈の第一人者であるライア・グリーンフェルドは、平等主義社会と精神疾患との関係を私たちは見落としてきたと主張する。哲学、心理学、歴史学を網羅した知的で大胆不敵な本書は、自由の国に住むことの幸福について、最も大切な仮定に挑戦している。

グリーンフェルドは、現代のナショナリズムは、人民主権、平等、世俗主義という基本原則の上に成り立っていると言う。21世紀の市民は、自分の運命を自分で切り開くという、かつてないほどの自由を享受している。しかし、その反面、精神的に大きな負担を強いられる。彼らは常に自分のアイデンティティを評価し、欲望を管理し、社会の中での自分の位置を調整しなければならない。弱者にとって、このプレッシャーはあまりにも大きなものです。グリーンフェルドは、躁うつ病や精神分裂病の膨大な症例を分析し、これらの病気は、社会が自己実現を過剰に要求することによって引き起こされる自己機能障害であると主張する。彼女の厳密な診断によれば、狂気は文化的に構成された病である。

グリーンフェルドのナショナリズム三部作の集大成である本書は、エミール・デュルケムの古典的伝統に則った力作であり、未知の領域に大胆に踏み込んだものである。しばしば直感に反し、常に示唆に富む本書は、人間についての多面的な見方を提示し、私たちが何者であり、何を目指しているのかについての深い理解を深めるものである。

 

|

« Liah Greenfeld's "Trilogy of Nationalism" | トップページ | 【ロシア・米英戦争】としての、《ロシア・ウクライナ紛争》 »

西洋」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

書評・紹介(book review)」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

Max Weber」カテゴリの記事

Seki Hirono(関 曠野)」カテゴリの記事

資本主義(capitalism)」カテゴリの記事

Michel Foucault(フーコー)」カテゴリの記事

コメント

塩沢先生
恐縮ですが、私の応答コメントは、新記事とさせて頂きました。ご笑覧頂ければ幸甚です。
【ロシア・米英戦争】としての、《ロシア・ウクライナ紛争》: 本に溺れたい
http://renqing.cocolog-nifty.com/bookjunkie/2022/04/post-785c14.html

投稿: renqing | 2022年4月29日 (金) 22時03分

ライア・グリーンフェルド、まったく知りませんでした。たしかに、いま読むべき本かもしれません。なかなかすぐには取り掛かれません。プーチンは、ゆがんだナショナリズムでロシアを破綻させようとしていますが、「特別軍事作戦」を停止させるナショナリズムはないものでしょうか。

投稿: 塩沢由典 | 2022年4月29日 (金) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Liah Greenfeld's "Trilogy of Nationalism" | トップページ | 【ロシア・米英戦争】としての、《ロシア・ウクライナ紛争》 »