« 変わることと変えること/ To change and to change | トップページ | 河津桜 »

2024年2月20日 (火)

It is difficult to imagine that anyone would be able to improve on this volume in the foreseeable future.

61b2se9lckl_sl1360_

Critique of pure reason
Immanuel Kant ; translated and edited by Paul Guyer, Allen W. Wood
(The Cambridge edition of the works of Immanuel Kant / general editors, Paul Guyer and Allen W. Wood)
Cambridge University Press, 1999: pbk

表題は、amazonによく掲載されている、本書に関するその筋の専門家のレビューの一つです。一読し、びっくりしました。すげぇ、と思わず叫んじゃった。カント研究者には常識なのでしょうが。

"Paul Guyer's and Allen Wood's new translation of Kant's Critique is a superb volume that forms the heart of Cambridge's excellent series of translations of Kant's works. Because of the quality of the translation, but also because of the various supplementary materials which it provides...it will very likely replace Norman Kemp Smith's translation as the standard edition for scholars. It is difficult to imagine that anyone would be able to improve on this volume in the foreseeable future." Eric Watkins, International Philosophical Quarterly

Immanuel Kant, Kritik der reinen Vernunft, 1781 の英訳決定版、とのことです。出版後既に四半世紀経過していますが、この評言からすると、今でも最良の英訳ということなのだろうと思います。

「 ポール・ガイヤーとアレン・ウッドによるカント『批判』の新訳は、ケンブリッジ大学によるカント著作の優れた翻訳シリーズの中核をなす素晴らしい一冊である。翻訳の質の高さだけでなく、さまざまな補足資料が用意されているため、ノーマン・ケンプ・スミス訳に代わって、研究者の標準的な版となる可能性が非常に高い。予見可能な将来において、本書を改善できる者が現れるとは想像しがたい。" エリック・ワトキンス、インターナショナル・フィロソフィカル・クォータリー誌 」(日本語訳 by DeepL)

|

« 変わることと変えること/ To change and to change | トップページ | 河津桜 »

Immanuel Kant」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わることと変えること/ To change and to change | トップページ | 河津桜 »