尾藤正英

2017年5月 5日 (金)

明治維新批判本の盛況と日本史家の反応

『週刊エコノミスト』2017年5月9日号の書評欄(P.66)に、中世史家今谷明氏が下記の寄稿をされている。

書評 歴史書の棚 「維新批判の著作ブームに 問われる歴史学者の役割」 今谷明

続きを読む "明治維新批判本の盛況と日本史家の反応"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

〔要約〕 尾藤正英『日本文化の歴史』(2000年)岩波新書

以下は、下記の書の全編にわたる章・節毎の要約である。閲覧される方のご参考になれば幸甚。

尾藤正英『日本文化の歴史』(2000年)岩波新書
第1章日本文化の源流
第2章古代国家の形成と日本神話
第3書仏教の受容とその発展
第4章漢風文化から国風文化へ
第5章平安時代の仏教
第6章鎌倉仏教の成立
第7章内乱期の文化
第8章国民的宗教の成立
第9章近世国家の成立と歴史思想
第10章元禄文化
第11章儒学の日本的展開
第12章国学と洋学
第13章明治維新における公論尊重の理念
第14章近代日本における西洋化と伝統文化
参考文献
あとがき

続きを読む "〔要約〕 尾藤正英『日本文化の歴史』(2000年)岩波新書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

浄土真宗の《予定説》

願力回向の説
親鸞は、このような心を抱くこと自体が、阿弥陀仏の側から一般衆生に回向されているとし、信ずる心を含めて、浄土往生に必要な条件は、すべて阿弥陀仏の願力によってすでに実現されているのであって、ただその事実を信じさえすればよい、と説いた。
尾藤正英『日本文化の歴史』岩波新書(2000年) 、P.97

続きを読む "浄土真宗の《予定説》"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

天台本覚論から西田へ、徳川人文主義から和辻へ

・・西田も和辻も、抽象的な意味での「個人」にとらわれた考え方から脱却している点では共通しているが、その中でも、社会的存在として活動している時の、 内面的な心のあり方に焦点を置いたのが、西田の哲学であり、これに対していわば客観的に、人々の社会的な行動の様式の方に関心を向けたとき、和辻の思想となった、といえよう。

続きを読む "天台本覚論から西田へ、徳川人文主義から和辻へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

葬式仏教の歴史的意義

・ ・・。檀家制度も本末制度も、通説としては江戸幕府により、鎖国以後の宗教統制のために作られた制度であったと考えられているが、前記の竹田氏の研究によれば、民間寺院の80%が、鎖国直後の寛永20年(1643)までに成立している。
尾藤正英『日本文化の歴史』岩波新書(2000年)、p.129

続きを読む "葬式仏教の歴史的意義"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

社会秩序の崩壊と個人の救済

故尾藤正英氏の新著にこうある。

続きを読む "社会秩序の崩壊と個人の救済"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

享保五年、徂徠哭す

徂徠は次々と家族を失った。

享保五(1720)年、一人残った娘増ますが十七歳で病死する。その深い嘆きを下記の七言絶句に詠っている。時に、徂徠55歳。

続きを読む "享保五年、徂徠哭す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

ひとつの徳川国家思想史(12結)

尾藤正英「尊王攘夷思想」、岩波講座日本歴史13、近世5(1977) 所収
内容目次
一 問題の所在
ニ 尊王攘夷思想の源流
 1 中国思想との関係
 2 前期における二つの類型
三 朝幕関係の推移と中期の思想的動向
四 尊王論による幕府批判と幕府の対応
五 尊王攘夷思想の成立と展開

■《評価》

続きを読む "ひとつの徳川国家思想史(12結)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひとつの徳川国家思想史(11)

「五 尊王攘夷思想の成立と展開」

■寛政《紀律化革命》の中期的効果と長期的帰結
①《委任》原理 ⇔ 『御心得之箇条』(1788年)、尊号事件(1789年)
②「鎖国」原則の祖法化 ⇔ ロシア使節ラクスマンへの諭書(1793年)

続きを読む "ひとつの徳川国家思想史(11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとつの徳川国家思想史(10)

「四 尊王論による幕府批判と幕府の対応」

■尊王論による幕府批判の挟撃
①公家から → 宝暦事件(1758年):公家の学問の師だった竹内式部が京を追放された事件
②民から   → 明和事件(1766年):江戸の塾を開いていた山県大弐が死罪となった事件
「右の二つの事件は、天皇の存在に新しい政治的意味を与えようとする動きが、公家の間と民間とから起ってきたことを示している。」(P.76)

続きを読む "ひとつの徳川国家思想史(10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adam Smith | Aristotle | Bertrand Russell | Carl Schmitt | Collingwood | David Hume | Football | Immanuel Kant | Isaiah Berlin | John Stuart Mill | Jules-Henri Poincare | Katherine Mansfield | Max Weber | pops | Shinji Kagawa | sports | Stephen Toulmin | Strange Fruit | Thomas Hobbes | 「国家の品格」関連 | お知らせ | ももいろクローバーZ | アニメ・コミック | イスラム | タミフル(インフルエンザ) | ネオコン(Neocon) | ハンセン病 | パソコン・インターネット | フェミニズム・ジェンダー | 三島由紀夫 | 中世 | 中国 | 中野三敏 | 仏教 | 佐藤誠三郎 | 備忘録 | 古代 | 和辻哲郎 | 国制史 | 坂本多加雄 | 坂野潤治 | 夏目漱石 | 大正 | 大震災 | 天皇 | 学習理論 | 安丸良夫 | 宮沢賢治 | 尾藤正英 | 山田大記 | 山県有朋 | 川北稔 | 幕末・明治維新 | 徳川史 | 思想史 | 憲法 | 戦争 | 政治 | 政治哲学・政治理論 | 文化史 | 文学 | 斉藤和義 | 日本 | 日米安保 | 日記・コラム・つぶやき | 明治 | 映画・テレビ | 昭和 | 書評・紹介 | 朝鮮 | 本居宣長 | 村上淳一 | 東アジア | 梅棹忠夫 | 森 恵 | 歴史 | 歴史と人口 | 法哲学・法理論 | 渡辺浩 | 環境問題 | 知識理論 | 石井紫郎 | 石川淳 | 社会契約論 | 社会科学方法論 | 科学哲学/科学史 | 米国 | 経済 | 統帥権 | 美空ひばり | 羽入辰郎 | 自然科学 | 複雑系 | 西洋 | 言葉 | 読書論 | 資本主義 | 赤松小三郎 | 近現代 | 速水融 | 進化論 | 金融 | 金言 | 関曠野 | 靖国神社 | 麻生太郎