安丸良夫

2018年7月 3日 (火)

維新=ボリシェヴィキ革命、の最大の歴史犯罪

 維新=ボリシェヴィキ革命の最大の歴史犯罪は、神仏分離=廃仏毀釈です。

 二つの点が犯罪的でした。

続きを読む "維新=ボリシェヴィキ革命、の最大の歴史犯罪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

越中女房一揆

 表題を見て、何のことかと首を捻る方が多いのではないでしょうか。これは、1918(大正7)年夏、富山県の魚津町から始まった、米騒動のニュースを取り上げたある新聞の見出しです。その全体像は下記の表をご覧ください。

続きを読む "越中女房一揆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

追悼 安丸良夫

 安丸良夫氏が今月(4月4日)亡くなられた。2月、自宅近くで交通事故に遭遇され、入院中だった由。81歳。

私は安丸のよい読者とは言えない。調べてみたら、手元にあるのは3冊。

続きを読む "追悼 安丸良夫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

若い衆に入ったら、子供心でいるんじゃありません

 下記の本が面白い。

高橋敏『江戸の教育力』ちくま新書(2007)

続きを読む "若い衆に入ったら、子供心でいるんじゃありません"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

幕末の危機意識は誰のものか?

 「明治維新」イデオロギーを強く彩る「危機」意識。これは対外的な意識だけではなく、徳川社会そのものへの危機意識でもある。つまり、内と外の「危機」への認識である。

続きを読む "幕末の危機意識は誰のものか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

安丸良夫『神々の明治維新 -神仏分離と廃仏毀釈- 』岩波新書(1979) (ver.2)

 著者は令名の高い思想史家である。特に、近世から近代にかけて、西暦で言えば、1800年代の日本についての考察で、ベーシックな業績を幾つも出している。

続きを読む "安丸良夫『神々の明治維新 -神仏分離と廃仏毀釈- 』岩波新書(1979) (ver.2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

治者であるがゆえに正しいわけでなく、被治者であるがゆえに正しくないわけではない(1)

「よりひろい視野からすれば、民俗信仰の抑圧は、明治維新をはさむ日本社会の体制的な転換にさいして、百姓一揆、若者組、ヨバイ、さまざまな民俗行事、乞食などが禁圧され、人々の生活態度や地域の生活秩序が再編成され、再掌握されてゆく過程の一環、そのもっとも重要な部分の一つであった。

続きを読む "治者であるがゆえに正しいわけでなく、被治者であるがゆえに正しくないわけではない(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

明治の立身出世主義の起源について

 この問題について、一つの見通しをつけるのに良い本がある。

竹内洋『立身出世主義(増補版)―近代日本のロマンと欲望―』世界思想社(2005年)

続きを読む "明治の立身出世主義の起源について"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Abduction(アブダクション) Adam Smith Aristotle Bertrand Russell Carl Schmitt Collingwood David Hume Football Gottfried Wilhelm Leibniz Immanuel Kant Isaiah Berlin John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Max Weber PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Shinji Kagawa sports Stephen Toulmin Strange Fruit Thomas Hobbes 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ イスラム シンギュラリティ(singularity) タミフル(インフルエンザ) ネオコン(Neocon) ハンセン病 フェミニズム・ジェンダー ミメーシス 三島由紀夫 与謝野晶子 中世 中国 中野三敏 仏教 佐藤誠三郎 備忘録 古代 古典(classic) 古書記 和辻哲郎 国制史 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 天皇 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 尾藤正英 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 徳川史 思想史 憲法 戦争 折口信夫 政治哲学・政治理論 文化史 文学 斉藤和義 新明正道 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 昭和 書評・紹介 服部正也 朝鮮 本居宣長 村上淳一 柳田国男 梅棹忠夫 森 恵 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義 赤松小三郎 近現代 速水融 進化論 金融 金言 関曠野 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎