羽入辰郎

2008年8月26日 (火)

待つ身は辛い(3)

 羽入氏の新著、

羽入辰郎『学問とは何か―「マックス・ヴェーバーの犯罪」その後』ミネルヴァ書房(2008年/7月)

を、ようやく書店で立ち読みした(書店さん、ごめんなさい)。

 折原氏等への反論、その論証はすっ飛ばし、故沢崎堅造氏に関してのみチェック。いちおう、この早すぎる先学への respect は確認できたので、私としては、ま、OK。

続きを読む "待つ身は辛い(3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

待つ身は辛い(2)

 ついに、羽入辰郎氏の新著が出た模様。下記↓

羽入辰郎『学問とは何か―「マックス・ヴェーバーの犯罪」その後』ミネルヴァ書房(2008年/7月)

 ただ、今、人生多忙につき、この大著に飛びつく時間が不足気味なのと、それを上回るほどこの問題への関心が現在あまり高くないので、もし読まれた方などがあれば、コメントなど戴けると幸甚です。

*参照
待つ身は辛い

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

みすず書房、における知的誠実性(2)

【追記】2008.05.13.

 本日、気になったので念のためもう一度書店で確認した。そこで判明したことは、上記の、タイトル頁裏面の底本表記の部分に、私の記憶違いがあったことである。再度、掲載することをお許し願いたい。下記である。

「 First published by Verlag von J.C.B.Mohr(Paul Siebeck) 1926 」

 このドイツ語部分も英訳すると、こうなろうか。

「 First published by Publication by J.C.B.Mohr(Paul Siebeck) 1926 」

 これを無理に日本語化すれば、

「 1926年 J.C.B.Mohr(Paul Siebeck)による発行によって最初に発行された」

だろうか。あまり釈然としない変更のような気もするが・・。ドイツ語はおろか英語もいささか心もとない身なので、本書の復刊にあたっての手直しが、みすず書房、という、libero e nobile animo(自由にして高貴な精神)と知的矜持を併せ持つ、優れた出版社の声価を損なわないことを願うばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

みすず書房、における知的誠実性(1)

 下記の名著が先月、復刊された。

マリアンネ・ウェーバー『マックス・ウェーバー』みすず書房(1987年)

 ウェーバーの一読者として慶賀に堪えない。

 その一方で、この訳書は、以前の記事で私が指摘したような問題を抱えていた。

 そこで、先日たまたま書店に立寄ったついでに、手にとって見たところ、タイトル頁裏面の底本表記には、こうあった。

「 First published by J.C.B.Mohr(Paul Siebeck) 1926 」

続きを読む "みすず書房、における知的誠実性(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

待つ身は辛い

「最後に折原浩氏に言っておこう。貴兄はこの本を見ると、羽入は自分の批判には一切答えずに、また別の本を出した、無責任極まりない、などと言ってくるんであろうが、それは誤解であり、貴兄がそこで苛立つ必要は何らない。本書を書き始める前の段階で、貴兄への反駁書『学問とは何か -「マックス・ウェーバーの犯罪」その後- 』と題した完成稿を、筆者はミネルヴァ書房にすでに提出しており、現在校正中である。本書は、右記完成原稿の提出後に書いたものである。筆者の心づもりとしては、貴兄への反駁書が出た後で本書を出したかったのであるが、校正の分量の差がケタ違いで、出版の順序が結果的に後先になってしまったものである。次に出る本で貴兄の論難に対しては逐一反駁してあるので、楽しみに待っていらして頂きたい。

 二〇〇七年十月十八日 世田谷区の自宅にて               筆者」

羽入辰郎『マックス・ヴェーバーの哀しみ  一生を母親に貪り食われた男』PHP新書(2007年)、p.205、あとがき、より

続きを読む "待つ身は辛い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫(1989年)(その2、Jan.16追記)

■2)t-maru氏の2008.01.09付けコメントの前半部分について

「ヴェーバーがルターを取り上げているのは、あくまで「トポス」としてであり、問題設定の開設、導入部に過ぎません。羽入氏を含め多くの人がそこが本論であるように誤解しています。」

続きを読む "マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫(1989年)(その2、Jan.16追記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫(1989年)(その1)

〔目次〕
****************
訳者序文
文庫版への序
著者序言
第1章 問題
1 信仰と社会層分化
2 資本主義の「精神」
3 ルッターの天職観念―研究の課題
第2章 禁欲的プロテスタンティズムの天職倫理
1 世俗内的禁欲の宗教的諸基盤
2 禁欲と資本主義精神
訳者解説
主要索引
****************

 Weberが遺した巨大な仕事の中で、この論文のみに執着することはあまり生産的ではない。なぜなら、安藤英治によって明らかにされたように、"Archiv"に発表した原論文に対して、彼の晩年に刊行された現論文は徹底した改訂が施されているからである。

続きを読む "マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫(1989年)(その1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

"Beruf"- "Ruff"問題に関する沢崎氏の見解

t-maru 氏から、下記のコメントを戴いています。行論上、箇条書きにし、この記事では沢崎氏と直接関連する2)のみ扱います。

1)ヴェーバーがルターを取り上げているのは、あくまで「トポス」としてであり、問題設定の解説、導入部に過ぎません。
羽入氏を含め多くの人がそこが本論であるように誤解しています。

2)それから「ルターの死後、ルターのあずかり知らないところでそれが”Beruf”に改訂されたのなら、確かにヴェーバーの議論は成立しない。」というのは、ルターが最初「状態」にあたる単語に翻訳していて、それが死後「Beruf」に改訂されたなら、という意味でruf(f)がBerufに改訂されたら、という意味ではありません。

続きを読む ""Beruf"- "Ruff"問題に関する沢崎氏の見解"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

インフルエンザと Max Weber

 橋本努氏のサイトに私の投稿が載った関係で、昨日はこのblogへのアクセス数は462件と急増した。これは予想通り。

 ところが、その記事別アクセス数をみると、102件、つまり、1/4を占めるのが、「インフルエンザA型」だ。これは予想外。

続きを読む "インフルエンザと Max Weber"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

マックス・ウェーバー『職業としての学問』岩波文庫(1980年)(リンク追加)

 羽入氏の Weber に関する病跡学的(pathographic)な著書について3回()ばかり記事を書いた。

 Weber の精神疾患の発症については、これまで「父殺し」の側面から触れられる事ばかりで、今ひとつ私自身として釈然としなかった。その中で、 Emmy Baumgarten 恋愛問題との関連を一つの契機として示唆していたのは、故安藤英治氏だけだったように思う。

続きを読む "マックス・ウェーバー『職業としての学問』岩波文庫(1980年)(リンク追加)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Adam Smith | Aristotle | Bertrand Russell | Carl Schmitt | Collingwood | David Hume | Football | Immanuel Kant | Isaiah Berlin | John Stuart Mill | Jules-Henri Poincare | Katherine Mansfield | Max Weber | pops | Shinji Kagawa | sports | Stephen Toulmin | Strange Fruit | Thomas Hobbes | 「国家の品格」関連 | お知らせ | ももいろクローバーZ | アニメ・コミック | イスラム | タミフル(インフルエンザ) | ネオコン(Neocon) | ハンセン病 | パソコン・インターネット | フェミニズム・ジェンダー | 三島由紀夫 | 中世 | 中国 | 中野三敏 | 仏教 | 佐藤誠三郎 | 備忘録 | 古代 | 和辻哲郎 | 国制史 | 坂本多加雄 | 坂野潤治 | 夏目漱石 | 大正 | 大震災 | 天皇 | 学習理論 | 安丸良夫 | 宮沢賢治 | 尾藤正英 | 山田大記 | 山県有朋 | 川北稔 | 幕末・明治維新 | 徳川史 | 思想史 | 憲法 | 戦争 | 政治 | 政治哲学・政治理論 | 文化史 | 文学 | 斉藤和義 | 日本 | 日米安保 | 日記・コラム・つぶやき | 明治 | 映画・テレビ | 昭和 | 書評・紹介 | 服部正也 | 朝鮮 | 本居宣長 | 村上淳一 | 東アジア | 梅棹忠夫 | 森 恵 | 歴史 | 歴史と人口 | 法哲学・法理論 | 渡辺浩 | 環境問題 | 生活史 | 知識理論 | 石井紫郎 | 石川淳 | 社会契約論 | 社会科学方法論 | 科学哲学/科学史 | 米国 | 経済 | 統帥権 | 美空ひばり | 羽入辰郎 | 自然科学 | 複雑系 | 西洋 | 言葉 | 読書論 | 資本主義 | 赤松小三郎 | 近現代 | 速水融 | 進化論 | 金融 | 金言 | 関曠野 | 靖国神社 | 麻生太郎