学習理論

2018年8月14日 (火)

「できる can do 」とは「思い出す recall」こと

 久しぶりの、続きのようなものです。

「わかる・できる」マトリックス(1)
「わかる・できる」マトリックス(2)

「わかる・できる」マトリックス(3)

 前回までは、2×2のマトリックスで表現してみましたが、今回は集合で使うベン図(Vénn dìagram)で表現してみます。マトリックスでは「状況の推移」が直感的にわかりましたが、ベン図では「状態の位置関係」を鳥瞰するのに便利です。

続きを読む "「できる can do 」とは「思い出す recall」こと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

「グライダー人間」から「飛行機人間」へ?


 三十年以上前からこの件については、『思考の整理学』1986年ちくま文庫が警告していました。

続きを読む "「グライダー人間」から「飛行機人間」へ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

Neurath's Ship

Quine, Willard van Orman
From a Logical Point of View : Nine Logical Philosophical Essays
Second Editon, Revised
1980
Harvard UP
PP.78 - 79

続きを読む "Neurath's Ship"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

自分の人生に自分が関わること(3)

本記事(1)への貴重なコメントがあり、ご教示を頂いた。深謝。
そのうえ、関連する事柄も思い出したので、記事とする。

続きを読む "自分の人生に自分が関わること(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

英作文教育は無駄である

私はまともに操れる外国語は一つとしてない。だから、生粋の日本語話者として考えてみる。

続きを読む "英作文教育は無駄である"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

自分の人生に自分が関わること(1)

去る12月4日(日)、イタリアにおいて、首相の権限強化を目指す憲法改正をめぐって、国民投票が行われ、政府案は否決され、翌月曜日レンツィ首相は辞意を表明した。

この機運をリードしたのが、イタリア五つ星運動だが、国内外の大手メディアではネガティブな報道が目立ち、いま一つその内実がわからない。そこで、当方が閲覧しているMLにて恰好の動画を教えて頂いたので早速ご紹介。

続きを読む "自分の人生に自分が関わること(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

出来事と帰責

「豊洲問題」はこのところ、マスコミの好餌となっている。

続きを読む "出来事と帰責"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

ラテン系は怠け者か

ここで一つのデータを見よう。

OECD(経済協力開発機構)『学習到達度調査』(2012年調査)

数学  日本7位 スペイン33位(65カ国中)
読解力 日本4位 スペイン31位
科学  日本4位 スペイン29位

続きを読む "ラテン系は怠け者か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月30日 (火)

情報化社会としての徳川十九世紀

化政期(一八一〇、二〇年代)から天保期(一八三〇年代)には、実質上、大衆社会状況を呈していた列島社会は、徳川のレジーム(徳川氏一姓支配)と齟齬をきたし始めていた。

続きを読む "情報化社会としての徳川十九世紀"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

「わかる」ことと「できる」こと

小学校の算数。中学・高校での数学。これを手がかりに科学哲学(風)の議論をしてみたい。

続きを読む "「わかる」ことと「できる」こと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Adam Smith Aristotle Bertrand Russell Carl Schmitt Collingwood David Hume Football Gottfried Wilhelm Leibniz Immanuel Kant Isaiah Berlin John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Max Weber PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Shinji Kagawa sports Stephen Toulmin Strange Fruit Thomas Hobbes 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ アニメ・コミック イスラム タミフル(インフルエンザ) ネオコン(Neocon) ハンセン病 パソコン・インターネット フェミニズム・ジェンダー 三島由紀夫 中世 中国 中野三敏 仏教 佐藤誠三郎 備忘録 古代 古典(classic) 古書記 和辻哲郎 国制史 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 天皇 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 尾藤正英 山田大記 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 徳川史 思想史 憲法 戦争 折口信夫 政治 政治哲学・政治理論 文化史 文学 斉藤和義 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 映画・テレビ 昭和 書評・紹介 服部正也 朝鮮 本居宣長 村上淳一 東アジア 柳田国男 梅棹忠夫 森 恵 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 経済 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義 赤松小三郎 近現代 速水融 進化論 金融 金言 関曠野 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎