社会科学方法論

2017年8月17日 (木)

九鬼周造の「因果的偶然」

 表題の語彙を以下の文から知った。

古川雄嗣「「自然支配」と「自然随順」のあいだ」,下記のPP.148-163に所収
『現代思想』総特集「九鬼周造 偶然・いき・時間」2017年/1月臨時増刊号

続きを読む "九鬼周造の「因果的偶然」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

慶長三年のGDP

 国力を数量(数値)化し、それを国力増進の糧にしようとするのは、主権国家が並存、競合、角逐していた近世西欧人の特徴的思考法だ。代表例が政治算術(political arithmetic)と呼ばれた一群の人々、ペティやグラントといった17世紀人である。

続きを読む "慶長三年のGDP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

Wahlverwandtschaften and Double Contingency

Talcott Parsons の Double Contingency の議論は、
Max Weber の「 Wahlverwandtschaften (Elective Affinities) 」
との親和性を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

Neurath's Ship

Quine, Willard van Orman
From a Logical Point of View : Nine Logical Philosophical Essays
Second Editon, Revised
1980
Harvard UP
PP.78 - 79

続きを読む "Neurath's Ship"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

with cool heads but warm hearts

'with cool heads but warm hearts',
Alfred Marshall,
"The Present Position of Economics",
An Inaugural Lecture, P.57
London : Macmillan and co.
1885

続きを読む "with cool heads but warm hearts"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

我々は過去へと関わるが、過去は我々に関わらない

表題からして意味が不明か。私が言わんとすることはこうだ。
我々はプラトンを知るが、プラトンは我々を知らない。

続きを読む "我々は過去へと関わるが、過去は我々に関わらない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔結〕

■はじめに
 著者は、2014年3月、勤務されていた大学を定年退職された。その機会に著者は2冊を同時に出された。本書塩沢由典『リカード貿易問題の最終解決―国際価値論の復権』岩波書店 、である。

続きを読む "塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔結〕"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔5〕

■第5章 新しい国際価値論とその応用(塩沢由典)
1.はじめに
2.リカード貿易理論の最小モデル
3.国際価値論の基本結果
4.輸送費がかかる場合ほかへの拡張
5.生産技術の変化とその影響
6.赤松要の雁行形態論(基本形)

続きを読む "塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔5〕"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔1〕

今回試みるのは下記の書評である。その中でも、塩沢由典氏の手になる提案編の合計5章のみである。これは偏に弊ブログ主の知的資源の限界ゆえである。ご寛恕願いたい。1章づつ記事化する。

続きを読む "塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔1〕"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

解釈学 Hermeneutik としての進化論

ある所与の環境における「選択圧」とそこに生息しているある個体(あるいは種)の変異には、事前に結びつく「必然性」はない。

続きを読む "解釈学 Hermeneutik としての進化論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adam Smith | Aristotle | Bertrand Russell | Carl Schmitt | Collingwood | David Hume | Football | Immanuel Kant | Isaiah Berlin | John Stuart Mill | Jules-Henri Poincare | Katherine Mansfield | Max Weber | pops | Shinji Kagawa | sports | Stephen Toulmin | Strange Fruit | Thomas Hobbes | 「国家の品格」関連 | お知らせ | ももいろクローバーZ | アニメ・コミック | イスラム | タミフル(インフルエンザ) | ネオコン(Neocon) | ハンセン病 | パソコン・インターネット | フェミニズム・ジェンダー | 三島由紀夫 | 中世 | 中国 | 中野三敏 | 仏教 | 佐藤誠三郎 | 備忘録 | 古代 | 和辻哲郎 | 国制史 | 坂本多加雄 | 坂野潤治 | 夏目漱石 | 大正 | 大震災 | 天皇 | 学習理論 | 安丸良夫 | 宮沢賢治 | 尾藤正英 | 山田大記 | 山県有朋 | 川北稔 | 幕末・明治維新 | 徳川史 | 思想史 | 憲法 | 戦争 | 政治 | 政治哲学・政治理論 | 文化史 | 文学 | 斉藤和義 | 日本 | 日米安保 | 日記・コラム・つぶやき | 明治 | 映画・テレビ | 昭和 | 書評・紹介 | 服部正也 | 朝鮮 | 本居宣長 | 村上淳一 | 東アジア | 梅棹忠夫 | 森 恵 | 歴史 | 歴史と人口 | 法哲学・法理論 | 渡辺浩 | 環境問題 | 生活史 | 知識理論 | 石井紫郎 | 石川淳 | 社会契約論 | 社会科学方法論 | 科学哲学/科学史 | 米国 | 経済 | 統帥権 | 美空ひばり | 羽入辰郎 | 自然科学 | 複雑系 | 西洋 | 言葉 | 読書論 | 資本主義 | 赤松小三郎 | 近現代 | 速水融 | 進化論 | 金融 | 金言 | 関曠野 | 靖国神社 | 麻生太郎