夏目漱石

2012年1月14日 (土)

日本社会の構造転換(1960年革命)

 1945年の意味、という記事で先進資本主義国において共通する社会構造の不可逆的な変化を指摘した。分配構造が第二次世界大戦を境に激変したのだ。では、そこで引用した網野善彦の注意は、彼の指摘に尽くされるのだろうか。

 実はそうでもない。下記の図は、

続きを読む "日本社会の構造転換(1960年革命)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書(2010年)〔その2〕

■「ハリー・ポッター」とジェントルマン的価値観

 少しわき道にそれる。映画「ハリー・ポッター」はいわゆるファンタジーである。その非現実的な世界を舞台とすることで、少年・少女たちの冒険活劇を通じた成長を描く。

続きを読む "川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書(2010年)〔その2〕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

与謝野晶子「何故の出兵か」(1918年)

 私は遺憾ながら或程度の軍備保存はやむをえないことだと思います。国内の秩序を衛(まも)るために巡査の必要があるように、国際の平和と通商上の利権とを自衛するために国家としては軍備を或程度まで必要とします。

続きを読む "与謝野晶子「何故の出兵か」(1918年)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

漱石、第一次世界大戦、トライチケ(Treitschke)

 個人の場合でも唯喧嘩に強いのは自慢にならない。徒(〔いたず〕)らに他(ひと)を傷(あや)める丈である。国と国とも同じ事(こと)で、単に勝つ見込があるからと云つて、妄(〔みだ〕)りに干戈(〔かんか〕)を動かされては近所が迷惑する丈である。文明を破壊する以外に何の効果もない。

続きを読む "漱石、第一次世界大戦、トライチケ(Treitschke)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

学問をして人間が上等にならぬ位なら、初めから無学でいる方がよし(漱石)

 漱石先生からガツンと一発、頭を殴られた気分。漱石の体内にほとばしる、江戸の思想的遺産=儒家(朱子学)的理想主義を痛感する。

続きを読む "学問をして人間が上等にならぬ位なら、初めから無学でいる方がよし(漱石)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

「こころ」は、heart か、mind か?

 漱石の小説「こころ」。あまりにも有名な作品だが、不思議なことに、文中、〈こころ〉なる言葉は一度も出てこない。「そんな馬鹿な!?」とお考えの方は、青空文庫からでも、テキストを全文DLして、ワードあたりに読み込んで、検索をかけてみて戴きたい。うーん、理由はよくわからんが、漱石がタイトルとして使うということは、この小説の核心部分と推測可能だが、はて・・・。

 では、〈こころ〉は英語でなんと言うべきか?

続きを読む "「こころ」は、heart か、mind か?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

Ecole normale superieure

 仏文学者、河盛好蔵がフランス留学中、友人のエコール・ノルマルの学生を下宿に呼んだら、下宿の娘がそれを聞いて朝から「ノルマリアンが来る! ノルマリアンが来る!」と大騒ぎしていたそうな。さすがは、エコール・ノルマル・シュペリゥール。

 戦前日本の高等師範学校のイメージ(夏目漱石『坊っちゃん』風*)で考えちゃぁダメですね。

最敬礼m(_ _)m。**

河盛好蔵
フランス語盛衰記 - 私の履歴書 -
日本経済新聞社
1991.8(品切れです。図書館でどうぞ。)
4-532-16026-X

* 無論、イメージ。登場人物の「坊っちゃん」は東京物理学校出身。
** 他blog投稿の自分のコメントを使いました。すみません。ちょっと、疲れてネタを考えるパワーが欠乏しているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

阿部 昭『短編小説礼讃』(岩波新書1986)

「リズール(liseur)としての阿部昭」
 私の文学への開眼は2冊の本に拠っている。三島由紀夫『文章読本』と阿部昭『短編小説礼讃』である。両者ともウン十年前に読んだものだが、今人生の半ばにあって共感著しいのは阿部のほうだ。彼こそは、三島が自認し、他者にも志あらば目指せとアジった、リズール(liseur)=精読者そのものだと思う。

続きを読む "阿部 昭『短編小説礼讃』(岩波新書1986)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

三島由紀夫『文章読本』

 この本を読んですでに30年近い歳月が過ぎてしまいましたが、いまだにこの本のさまざまな言葉やイメージが忘れられないでいます。でも、文学好きの高校の同級生とこの三島について話したとき、彼が「なんでこの本には、漱石や荷風が出てこないんだ?」と言ったときの軽いショックほうが事件として脳裏に焼きついてます。夜空の星座のように、日本と世界の文学を位置づけて見せているはずの三島の手腕に、なんでそんな片手落ち(あ、サベツ語か?)があるのか。いまだに腑に落ちないので、満点で星五つなら、星四つです。

三島由紀夫『文章読本』中公文庫(1973)

〔註〕下記を含めた、「三島由紀夫」カテゴリーも参照戴ければ幸甚。
《文章密度反比例の法則》


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Adam Smith Aristotle Bertrand Russell Carl Schmitt Collingwood David Hume Football Gottfried Wilhelm Leibniz Immanuel Kant Isaiah Berlin John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Max Weber PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Shinji Kagawa sports Stephen Toulmin Strange Fruit Thomas Hobbes 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ アニメ・コミック イスラム タミフル(インフルエンザ) ネオコン(Neocon) ハンセン病 パソコン・インターネット フェミニズム・ジェンダー ミメーシス 三島由紀夫 与謝野晶子 中世 中国 中野三敏 仏教 佐藤誠三郎 備忘録 古代 古典(classic) 古書記 和辻哲郎 国制史 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 天皇 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 尾藤正英 山田大記 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 徳川史 思想史 憲法 戦争 折口信夫 政治 政治哲学・政治理論 文化史 文学 斉藤和義 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 映画・テレビ 昭和 書評・紹介 服部正也 朝鮮 本居宣長 村上淳一 東アジア 柳田国男 梅棹忠夫 森 恵 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 経済 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義 赤松小三郎 近現代 速水融 進化論 金融 金言 関曠野 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎