John Maynard Keynes

2021年3月 7日 (日)

ネットフリックスという会社/ A company called Netflix

 東洋経済新報社から配信されている無料記事(無料登録は必要です、本記事最下段、参照)に、ネットフリックスの話題がありました。

 このネトフリやGAFAなど、いかにも米国資本主義文化の正嫡といっても良い存在ですが、所詮、石油文明の上に咲く徒花に過ぎないではないのか、という見方もしてしまいます。

続きを読む "ネットフリックスという会社/ A company called Netflix"

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

近代日本の史家の生没年

 この数日間、ブログ「代替案のための弁証法的空間 Dialectical Space for Alternatives」様のコメント欄で議論して頂き、重要なご示唆を幾つも頂きました。その一つの成果(?)を弊ブログにも投稿することとします。

続きを読む "近代日本の史家の生没年"

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

デフレギャップの正体(Identity of deflationary gap)〔1〕

 社会を理論的に考察する場合、物理学や哲学の分野で理論的に思考を進めるのとは違った難しさがあります。

続きを読む "デフレギャップの正体(Identity of deflationary gap)〔1〕"

| | コメント (0)

2015年8月13日 (木)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔1〕

今回試みるのは下記の書評である。その中でも、塩沢由典氏の手になる提案編の合計5章のみである。これは偏に弊ブログ主の知的資源の限界ゆえである。ご寛恕願いたい。1章づつ記事化する。

続きを読む "塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔1〕"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

思想とは空気である

John Maynard Keynesの主著、The General Theory of Employment, Interest and
Moneyの巻末に素晴らしい文がある。弊ブログで時折り引いているので二番煎じ三番煎じではあるが自戒のためにも再び引用したい。

続きを読む "思想とは空気である"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

ダグラスの「A+B理論」再考

kyunkyunさん、どうも。

>こんにちは。
ダグラスの経済理論について、
中村三春著 : 「モダニスト久野豊彦と新興芸術派の研究」 の中に、
次のような記述がありました。
http://repo.lib.yamagata-u.ac.jp/bitstream/123456789/6552/1/KunoToyohiko.pdf
第二編 久野豊彦とダグラス経済学
「ダグラス経済学の評価」 より~

上記、資料は以前私も、
山森亮『ベーシック・インカム入門』光文社新書(2009)(2)
に参照しました。ご指摘の部分、改めて目を通しました。そこで、図解を
してみるほうが分かりやすいと思いました。下図を見て下さい。

続きを読む "ダグラスの「A+B理論」再考"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年5月 3日 (日)

資本主義文明を再考する / Rethinking capitalist civilization

 私があれこれ徳川期のことを書きたいと考える第一の理由は、それが我々の現に生活するこの列島の、いまだ全面的に資本主義化されていない時代であるからだ。

続きを読む "資本主義文明を再考する / Rethinking capitalist civilization"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

J. M. Keynes による、Major C. H. Douglas評

ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』岩波文庫下巻(2008年) 、pp.176-177

 

 戦後、異端の過少消費理論が雨後の筍のように現れた。中でも最も有名なのがダグラス少佐のものである。ダグラス少佐の主張の強みは、言うまでもなく、正統派が彼の破壊的批判の多くにまともな回答を与えなかったことに大きく依存している。ひるがえって、彼の下した診断の細部、とりわけ A +
B定理とやらには、眉唾としか言いようのないものもたくさんある。もしダグラス少佐が彼のB項目を、取替や更新のための当期支出に充てられない企業者の金融的準備に限定していたなら、彼はもっと真理に肉薄していたであろう。しかしその場合でも、これらの準備が、増加した消費支出ととも多方面における新たな
投資によってもまた埋め合わせられる可能性のあることは頭に入れておく必要がある。ダグラス少佐は、自分はわれわれの経済体系が抱える重要な問題を少なく
とも全く忘れたわけではない、正統派の幾人かの論敵との違いはここにある、と主張する資格をもっている。だが、マンデヴィル、マルサス、ゲゼル、それにホブソンの列に伍す資格があるかといえば、彼(ダグラス)にはとてもそれほどの資格はない。勇敢な異端軍の少佐ならぬ、おそらくは兵卒といたところである。
一方、これらの人々は、明快で首尾一貫し論理は平易なるも現実離れした仮定にもとづいて導出された謬説を奉ずることを潔しとせず、みずからの直観の命じる
まま、たとえ曖昧で不完全ではあっても、真理を究める途を選んだのである。

続きを読む "J. M. Keynes による、Major C. H. Douglas評"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

変ることの難しさ

「・・・。先入観は、それを植えつけた人々にも、そもそもこうした先入観を作りだした人々にも、いわば復讐するのである。こうして公衆の啓蒙には長い時間がかかることになる。

 おそらく革命を起こせば、独裁的な支配者による専制や、利益のために抑圧する体制や、支配欲にかられた抑圧体制などは転覆させることができるだろう。しかし革命を起こしても、ほんとうの意味で公衆の考え方を革新することはできないのだ。新たな先入観が生まれて、これが古い先入観ともども、大衆をひきまわす手綱として使われることになるだけなのだ。」

カント「啓蒙とは何か」pp.13-14、永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)所収

続きを読む "変ることの難しさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

カテゴリー「Stephen Toulmin」作成

 カテゴリー「Stephen Toulmin」を作成した。

 彼を含む、イギリス戦間期の知識人社会、特に、オックスブリッジは実に興味深い。Berlin 、Wittgenstein 、Collingwood 、Keynes  、・・・。

 彼、Toulmin  の、『近代とは何か Cosmopolis 』1990(邦訳2001)については、絶えず触れることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

abduction(アブダクション) Adam Smith Aristotle Bertrand Russell Bito Masahide (尾藤正英) Buddhism (仏教) Carl Schmitt cinema Collingwood David Hume feminism / gender(フェミニズム・ジェンダー) Football Gottfried Wilhelm Leibniz Henri Bergson Hermeneutik(解釈学) Immanuel Kant Isaiah Berlin John Maynard Keynes John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Max Weber mimēsis (ミメーシス) Neocon(ネオコン) PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Seki Hirono(関 曠野) Shinji Kagawa Shiozawa Yoshinori(塩沢由典) singularity(シンギュラリティ) slavery(奴隷) sports Stephen Toulmin Strange Fruit technology Thomas Hobbes Thomas Stearns Eliot Tokugawa Japan (徳川史) vulnerability(傷つきやすさ) Watanabe Satoshi (渡辺慧) 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ イスラム ハンセン病 三島由紀夫 与謝野晶子 中世 中国 中野三敏 丸山真男 佐藤誠三郎 備忘録 古代 古典(classic) 古書記 和辻哲郎 国制史(Staatsgeschichte) 土居健郎 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 小西甚一 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 平川新 思想史 感染症/インフルエンザ 憲法 戦争 折口信夫 政治哲学・政治理論 文化史 文学 文明史 斉藤和義 新明正道 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 昭和 書評・紹介 服部正也 朝鮮 本居宣長(Motoori Norinaga) 村上春樹 村上淳一 柳田国男 梅棹忠夫 森 恵 森鴎外 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 禁裏/朝廷/天皇 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 荻生徂徠(Ogyu Sorai) 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義(capitalism) 赤松小三郎 近現代 速水融 進化論 金融 金言 関良基(Seki Yoshiki) 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎