映画・テレビ

2006年3月21日 (火)

大虐殺(1960年、小森白監督、天地茂主演)

 標題の映画は、1923年9月1日の関東大震災の直後におこった朝鮮人虐殺事件を描いたもの。で、私もまだ未見。もし、既にご覧の方は、ご感想などコメントして戴けると助かります。下記の 「all cinema」記事も参照。

大虐殺(1960年、小森白監督、天地茂主演)

 この事件の被害者数だが、平凡社世界大百科事典(「朝鮮人虐殺事件」今井清一執筆)によれば、

続きを読む "大虐殺(1960年、小森白監督、天地茂主演)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月26日 (木)

金色夜叉、青の時代、ホリエモン

 私は三題話が好きである。

 さて、ホリエモンは、間貫一*か、川崎誠**か。膨大な資産を既に海外へ送金済みという噂も聞くので、両者より、徹底して喰えない野郎だね。その悪党ぶりは賞賛に値する。

続きを読む "金色夜叉、青の時代、ホリエモン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月16日 (水)

「そんなに日本が嫌なら、・・

お前の国に、サッサと帰れ」、というセリフが、「月はどっちに出ている」 (1993、崔洋一監督)の、1シーンに確かあったと思います。

続きを読む "「そんなに日本が嫌なら、・・"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月17日 (月)

みんなのうた ベストヒット・コレクション

◎『みんなのうた ベストヒット・コレクション
  DVD 東芝EMI|TOBF-5372 2005年3月

を視聴しましたので、感想など。

予想に違わず、なかなかのクオリティです。

収録曲を掲載します。

続きを読む "みんなのうた ベストヒット・コレクション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

ちょっと感心した話(2)

ミセス・ベッカムと、《なに》したかもしれない、色男は、Robbie Williams(ロビー・ウィリアムス:30歳)でした。また、南米のラジオ番組とはアルゼンチンでした。より詳しい情報は下記↓をご覧下さい。

ロビー・ウィリアムスがスパイスガールズ4人と寝たことを告白
山本通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

米軍トップに海兵隊大将

米軍制服組トップに海兵隊大将↓が就任した。

マイヤーズ統参議長が退任、後任に海兵隊出身ペース氏

続きを読む "米軍トップに海兵隊大将"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

雪送り、雪迎え

蜘蛛が空を飛ぶ。こんなことをご存知だったろうか。

たまたま、日曜の夜、車を運転しながら、某国営ラジオをつけたら以下の本の紹介をしているところだった。

錦 三郎『飛行蜘蛛』
笠間書院
ISBN : 4305702800
発行年月 : 2005.6
丸ノ内出版72年刊を復刻。

続きを読む "雪送り、雪迎え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

D.H.ロレンス「菊の香」D. H. Lawrence, "Odour of Chrysanthemums" 1911.

 

ロレンス短編集(新潮文庫、2000年)に収められている「菊の香」は、発表当時から編集者をして「天才」と謂わしめた初期の傑作です。

続きを読む "D.H.ロレンス「菊の香」D. H. Lawrence, "Odour of Chrysanthemums" 1911."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三島における小説と映画

  三島由紀夫が『文章読本』に小説と映画の違いを描いていました。今この本を取り出せないので、私なりに言い換えちゃうと大意こうです。

 

続きを読む "三島における小説と映画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

木下恵介「野菊の如き君なりき」(1955)

 

 民子が嫁ぐため、花嫁衣裳に身を包み、人力車に乗り込むのだが、そこでふと空を見上げてしまう。すぐに周りから花嫁はうつむいているものだ、と注意されて下を向くシーンが泣かせる。ウン十年前、中学時代、学校で見に行ったものだが、横目で盗み見ると、私が好きだった娘も恥ずかしそうに目を赤くしていたっけ。その二つ情景が脳裏にダブる。

原作 伊藤左千夫 『野菊の墓』 明治39年(1906)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

political theory / philosophy(政治哲学・政治理論) abduction(アブダクション) Adam Smith Alexis de Tocqueville Aristotle Bertrand Russell Bito Masahide (尾藤正英) Buddhism (仏教) Carl Schmitt cinema / movie Collingwood Creativity(創造性) David Hume feminism / gender(フェミニズム・ジェンダー) Football Gottfried Wilhelm Leibniz Henri Bergson Hermeneutik(解釈学) Immanuel Kant Isaiah Berlin John Maynard Keynes John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Kimura Bin(木村 敏) Max Weber Michel Foucault(フーコー) mimēsis (ミメーシス) Neocon(ネオコン) Otto Neurath PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Seki Hirono(関 曠野) Shinji Kagawa Shiozawa Yoshinori(塩沢由典) singularity(シンギュラリティ) slavery(奴隷) sports Stephen Toulmin Strange Fruit technology Thomas Hobbes Thomas Stearns Eliot Tokugawa Japan (徳川史) vulnerability(傷つきやすさ/攻撃誘発性) Watanabe Satoshi (渡辺慧) 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ アニメ・コミック イスラム ハンセン病 三島由紀夫 与謝野晶子 中世 中国 中野三敏 丸山真男(Maruyama Masao) 佐藤誠三郎 備忘録 内藤湖南 加藤周一(Kato Shuichi) 古代 古典(classic) 古書記 和泉式部(Izumi Shikibu) 和辻哲郎 国制史(Verfassungsgeschichte) 土居健郎 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 小西甚一 山口昌男(Yamaguchi Masao) 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 平井宜雄 平川新 思想史(history of ideas) 感染症/インフルエンザ 憲法 戦争 折口信夫 文化史 文学(literature) 文明史 斉藤和義 新明正道 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 昭和 書評・紹介(book review) 服部正也 朝鮮 末木剛博 本居宣長(Motoori Norinaga) 村上春樹 村上淳一 柳田国男 梅棹忠夫(Umesao Tadao) 森 恵 森鴎外 概念史(Begriffsgeschichte) 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 清少納言(Sei Shōnagon) 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 禁裏/朝廷/天皇 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 紫式部(Murasaki Shikibu) 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 荻生徂徠(Ogyu Sorai) 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義(capitalism) 赤松小三郎 身体論 近現代 速水融 進化論 選択的親和関係(Elective Affinities / Wahlverwandtschaften) 金融 金言 関良基(Seki Yoshiki) 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎