天皇

2009年12月19日 (土)

《祀る神》vs.《祀られる神》(2)

五ヶ條ノ御誓文 - Wikisourceを一瞥して欲しい。

 さて、この誓文だが、発布の形式に注目してみると以下のことが言えるだろう。

 天皇が「天神地祇」を祭り、「天地神明」に誓文の内容を誓う形式(木戸の案)である。ところがもともとの福岡孝弟(たかちか)の案では、諸侯が天皇の前で誓う方式だった。しかし、福岡案では、天皇が政治的君主であること(天皇親政)は内外に示すことはできるが、天皇が国家的祭祀の主体であること(天皇親祭)が表明できない。つまり、実施されたこの形式で、「祭政一致」、すなわち、天皇が「天祭」を通して窺った「天意」に即して、国民の公議を取ることが可能となる(坂本多加雄 )。

 ただし、それだけではない。和辻哲郎の記紀神話分析 によれば、神々を三つに分類することが可能であり、それは、《祀る神》、《祀られる神》、《祀り祀られる神》である。この三つの神々の中で、《祀り祀 られる神》が最も尊貴といえる。なぜ、《祀り祀られる神》がその地位が高いか。それは、「神命の通路」だからである。 この視点からみれば、天皇を表象するために、天皇にこの《祀り祀られる神》の地位を与えることが最も合理的と言えるわけだ。

※参照
《祀る神》vs.《祀られる神》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ひとつの徳川国家思想史(6)

「三 朝幕関係の推移と中期の思想的動向」

■社会的背景① 軍記物語『太平記』*の普及

「右にみた二つの思想的動向は、学者の世界だけのできごとではなく、社会的拡がりをもった風潮であった。その具体例の第一として、軍記物語『太平記』の普及にともない、南朝の忠臣楠正成を景慕し礼讃する風潮が広まったことが挙げられる。」尾藤論文、p.62

・楠正成像作成とその画賛
  → 亡命明儒 朱舜水(1659年)による画賛=加賀前田家ほか、ほか三篇
  → 公儀儒官 林鵞峯による画賛=十八編
・楠正成の石碑建立
  → 1692年(元禄5)、徳川光圀による湊川の石碑「嗚呼忠臣楠氏之墓」

続きを読む "ひとつの徳川国家思想史(6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

ひとつの徳川国家思想史(5)

■尊王攘夷思想の二つの類型

闇斎〔その国家を構成する個人(君主を含めて)の道徳的あり方を考察〕→朱子学
素行〔為政者としての政治的立場から国家の問題を考察〕→ 古学
「この後に発展する尊王思想ないし尊王攘夷思想は、先の二つの立場のいずれかを基本とし、もしくは両者の交錯の上に成立する。」(p.60)

続きを読む "ひとつの徳川国家思想史(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

ひとつの徳川国家思想史(3)

■闇斎 vs. 素行

 尾藤は、尊王攘夷思想の特質を、広い意味での国家本位の主張ないしそれを支える意識にあるとみて、その源流を寛文・延宝年間(1661-1680)に求める。

 何故なら、この時期に山崎闇斎(1618-1682)と山鹿素行(1622-1680)に代表されるような、新しい思想的潮流が登場しているからである。

1)両者の共通点、対外観に関して
 ①当時の清朝中国を、中国、中夏、中華、などと呼ぶことには反対。
  → 対外的自尊の主張を明確にしたこと。
 ②日本固有の伝統としての天皇尊崇という事実に重要な思想上の意味を与えている点。

 ① → 後年の「攘夷」へ。
 ② → 後年の「尊王」へ。  ⇒ 国家意識の表明

続きを読む "ひとつの徳川国家思想史(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

百姓と朝廷

 「オトナナリ」という儀式をご存知だろうか。別名、「官途成(かんとなり)」と呼ばれたりもする。論者から一部引こう。

「オトナナリは文字どおり老(おとな)になることで、成人式であり、村の正規の成員になる儀式である。中世の人々は一人前になると頭に烏帽子(えぼし、冠)をつけ、刀を腰にさし、幼名をあらため名乗りをつけた。百姓・職人とて例外ではない。幼名は寅年生まれなら虎、戌年なら犬、二番目は二郎で、五番目は五郎、すこし上品になると虎千代、五郎丸といった感じであるが、成人となるとこれに官名がつく。スケ(允、助)、ヒョウエ(兵衛)、エモン(衛門)・ジョウ(尉・丞)などなど、単純な例であるが、虎助、二郎兵衛、五郎左衛門、虎之丞といった具合である。

続きを読む "百姓と朝廷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

家近良樹 『幕末の朝廷』中央公論新社(2007年)

 これまでの幕末・維新史のイメージ、なかでも孝明天皇像を一新する内容といってよい。また、政治機構としての朝廷や、朝幕関係を理解するための基本的知識を与えてくれる。同じ著者の『孝明天皇と「一桑会」』文春新書(2002年) とともに、今後この時期を理解するための必読書だと思う。

本書の特徴を箇条書きにしてみよう。

続きを読む "家近良樹 『幕末の朝廷』中央公論新社(2007年)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

大政委任論から近世国家神学への遡行

 あまり以前のように記事が書けないでいる。他方、書評を試みたいものは結構ある。

1)前田愛、幻景の明治、岩波現代文庫、2006年
2)小島毅、近代日本の陽明学、講談社選書メチエ369、2006年
3)小島毅、朱子学と陽明学 、放送大学教育振興会、2004年

続きを読む "大政委任論から近世国家神学への遡行"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

Meiji Constitution の賞味期限

 簡略に、Meiji Constitution の命脈が、ほぼ80年間(1868-1945)で尽きた理由を述べてみよう。

1)近代主権国家を作れなかったこと。
 薩長クーデタ集団は、結果的に分権的な「幕藩体制」を武力で清算した。しかし、兆民の「多頭一身の怪物」、丸山の「無責任の体系」、ウォルフレンの「権力構造の謎」、といわれ続けてるように、中央(=東京)集権にも関わらず、その中央部で、最終的に統治に関する権力と責任が一人の人間ないし一つのポストに集約されていなかったこと。これは、民主政とか君主政、などとは別次元の事であることに注意。妙な表現だが、いわば「アナーキーな権力」、であったことになろう。

2)「(合理的)法の支配」がないこと。

続きを読む "Meiji Constitution の賞味期限"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

徳富蘆花「謀叛論」、その後日談(5/27情報追加)

 明治44年2月1日(水)、東京本郷、第一高等学校、第一大教場で、徳富蘆花の「謀叛論」*大弁舌が行われた。

 その日から5日後の2月6日(月)、今度はそれを駁撃する「大逆事件講演会」が、千名をこえる聴衆を集め、国学院大講堂で行われた。弁士の、南条文雄、井上哲次郎、花田仲之助、渋沢栄一、の面々は、社会主義を攻撃し、忠君愛国を強調した。

 しかし、弁士の一人、三宅雪嶺のみ、「善後策」と題して幸徳秋水を擁護、暗黒裁判を非難した。すると興奮した代議士、荒川五郎が雪嶺に食ってかかるが、聴衆は、「御用党」、「馬鹿」、「討論会じゃない」などと罵声を荒川に浴びせかけ、雪嶺が退場するのを見送って、一斉に、「三宅博士万歳」を叫んだ。ここから、

 「・・・、国学院に集るような保守的な聴衆の間にさえ、権力への反感と秋水への同情の存在していたことがわかるのである」
 神埼清「徳富蘆花と大逆事件 -愛子夫人の日記より- 」
  現代日本文学大系9「徳富蘆花・木下尚江集」筑摩書房(1971年)、p.421

 さて、弁士の一人、南条文雄**とは何ものであるか。詳しくは、下記 wikipedia に譲る。ただ、有体にいえば、明治仏教界を代表する学僧(真宗大谷派)、それも Oxford でサンスクリット学を修め、梵語テキスト校訂等でヨーロッパでもその名を知られた碩学である。何しろ、1889年には文部省より日本第1号の文学博士を授与されている。

 何でそんな畑違いの洋行インテリ僧が出てくるかと言えば、死刑判決された中に真宗大谷派の僧侶が入っているからである。殺生戒を持つ仏教者が、でっちあげ死刑判決***を非難断罪もせず、あろうことか自宗派僧を擁護してくれた文学者に批判の言を浴びせるのだ。

 さて、宮沢賢治「烏の北斗七星」との違いは、いかに理解すべきだろうか。

〔註〕

*蘆花のテキストは下記を参照。なお、この講演を依頼しに蘆花宅まで足を運んだ一高弁論部員2名は、鈴木憲三、および、後の社会党「十字架」委員長、人格者で有名な、河上丈太郎、である。
徳冨蘆花「謀叛論」(草稿)

**南条文雄(1849年 - 1927年)については下記を参照。
南条文雄(なんじょう ぶんゆう)

***この事件の捜査指揮の最高責任者が、大審院検事兼司法省民刑事局長、平沼騏一郎(元首相、A級戦犯)である。元経済産業大臣で衆議院議員の平沼赳夫は、平沼騏一郎の兄である経済史学者で早稲田大学学長を務めた平沼淑郎の曾孫にあたる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

尾藤正英『日本文化の歴史』岩波書店2000年(参照、追記)

 本を評価する場合、二つの視点が可能だろう。
①内容の価値、如何。
②著者の執筆目的とその達成、如何。

続きを読む "尾藤正英『日本文化の歴史』岩波書店2000年(参照、追記)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adam Smith | Aristotle | Bertrand Russell | Carl Schmitt | Collingwood | David Hume | Football | Immanuel Kant | Isaiah Berlin | John Stuart Mill | Jules-Henri Poincare | Katherine Mansfield | Max Weber | pops | Shinji Kagawa | sports | Stephen Toulmin | Strange Fruit | Thomas Hobbes | 「国家の品格」関連 | お知らせ | ももいろクローバーZ | アニメ・コミック | イスラム | タミフル(インフルエンザ) | ネオコン(Neocon) | ハンセン病 | パソコン・インターネット | フェミニズム・ジェンダー | 三島由紀夫 | 中世 | 中国 | 中野三敏 | 仏教 | 佐藤誠三郎 | 備忘録 | 古代 | 和辻哲郎 | 国制史 | 坂本多加雄 | 坂野潤治 | 夏目漱石 | 大正 | 大震災 | 天皇 | 学習理論 | 安丸良夫 | 宮沢賢治 | 尾藤正英 | 山田大記 | 山県有朋 | 川北稔 | 幕末・明治維新 | 徳川史 | 思想史 | 憲法 | 戦争 | 政治 | 政治哲学・政治理論 | 文化史 | 文学 | 斉藤和義 | 日本 | 日米安保 | 日記・コラム・つぶやき | 明治 | 映画・テレビ | 昭和 | 書評・紹介 | 朝鮮 | 本居宣長 | 村上淳一 | 東アジア | 梅棹忠夫 | 森 恵 | 歴史 | 歴史と人口 | 法哲学・法理論 | 渡辺浩 | 環境問題 | 知識理論 | 石井紫郎 | 石川淳 | 社会契約論 | 社会科学方法論 | 科学哲学/科学史 | 米国 | 経済 | 統帥権 | 美空ひばり | 羽入辰郎 | 自然科学 | 複雑系 | 西洋 | 言葉 | 読書論 | 資本主義 | 赤松小三郎 | 近現代 | 速水融 | 進化論 | 金融 | 金言 | 関曠野 | 靖国神社 | 麻生太郎