統帥権

2007年3月23日 (金)

岡義武『山県有朋 -明治日本の象徴-』岩波新書1958(2)

 名著の誉れ高い本書が一昨年に復刊された(2005年)ことは、天下の読書子に朗報であり、まだ品切れでないことはさらに天恵と言ってもよかろう。新書の品切れ中、『岡義武著作集』第五巻(岩波書店1993年)として、単行本の形で復刊はされていた。ただ、なにしろ定価六千円である。あまり気軽に買える代物ではなかった。その単行本も今は品切れ。廉価に入手できることを愛書家とともに祝おう。

続きを読む "岡義武『山県有朋 -明治日本の象徴-』岩波新書1958(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

明治constitutionは近代主権国家であったか?(2)

《輔弼ほひつ
 輔弼とは、「大日本帝国憲法において,天皇の大権行使に誤りがないように意見を上げる行為」*、のことをいう。逆に言えば、もし、天皇の大権行使に誤りがあったら、その行為の結果についての、天皇に対する責任は、輔弼した国務大臣にある。禁裏様がブチ切れて、「お前の輔弼意見で、俺が間違えちゃったじゃないかよぉ。お前、クビ+俺の前に二度と姿を現すな!」って、怒髪天を衝くこともあるわけだ。つまり、輔弼と責任は完全にリンクしていて、輔弼していれば責任があるし、責任をとるからこそ輔弼されたら、禁裏様は(内心イヤでも)それを採用しないわけにはいかないことになる。

続きを読む "明治constitutionは近代主権国家であったか?(2)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

明治constitutionは近代主権国家であったか?(1)

 明治の国制(constitution)は、果たして近代主権国家の名に値するものだったのか。このことを、軍と明治憲法によるその依法的統制=シビリアンコントロールから考えてみたい。

 事は明治初期の太政官政権時代から始まる。簡単に言えば、政、軍のうち主導権は政にあった。

続きを読む "明治constitutionは近代主権国家であったか?(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

明治憲法の論理構造

 伊藤博文の『憲法義解』が見当たらない。自分の所蔵本が見当たらないのはいつものことだが、近所の自治体図書館にもないし、岩波文庫版も品切中。最低限、この本は手元において書きたい。ということで、もうちっと、お待ちを。

 そうは言っても、言い訳だけでは埋め草にもならないので、お時間のある方は、下記のサイトなど、お読み戴ければと存じます。

明治憲法のもとで軍の文官統制の可能性

統帥権の独立

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

統帥権と統治権

明治憲法下の統帥権」の続編。

万が一、統治権と統帥権が明治憲法上、別に解釈されるとしても、第五十五条における、国務大臣の天皇輔弼条項には、「統帥」と「統治」の区別がないので、いずれにせよ、統帥事項であっても、国務大臣の輔弼・副署が必要となることには変わりはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

明治憲法下での統帥権

 統帥権というとその後ろに「独立」という言葉がどうしても付いて回ります。しかし、明治憲法下で統帥権がどうなっているのか。憲法の条文からわかることは以下のことです。

続きを読む "明治憲法下での統帥権"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Adam Smith Aristotle Bertrand Russell Carl Schmitt Collingwood David Hume Football Gottfried Wilhelm Leibniz Immanuel Kant Isaiah Berlin John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Max Weber PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Shinji Kagawa sports Stephen Toulmin Strange Fruit Thomas Hobbes 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ アニメ・コミック イスラム タミフル(インフルエンザ) ネオコン(Neocon) ハンセン病 パソコン・インターネット フェミニズム・ジェンダー 三島由紀夫 中世 中国 中野三敏 仏教 佐藤誠三郎 備忘録 古代 古典(classic) 古書記 和辻哲郎 国制史 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 天皇 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 尾藤正英 山田大記 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 徳川史 思想史 憲法 戦争 折口信夫 政治 政治哲学・政治理論 文化史 文学 斉藤和義 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 映画・テレビ 昭和 書評・紹介 服部正也 朝鮮 本居宣長 村上淳一 東アジア 柳田国男 梅棹忠夫 森 恵 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 経済 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義 赤松小三郎 近現代 速水融 進化論 金融 金言 関曠野 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎