山県有朋

2019年2月22日 (金)

吉田裕著『日本人兵士』2017年、を読んで ― あるいは、歴史的思考法について(2)

 下記の本書のレビューを、amazon.co.jpに投稿しました。同工異曲ですが、テイストはだいぶ変更しました。ご笑覧頂ければ幸甚です。

続きを読む "吉田裕著『日本人兵士』2017年、を読んで ― あるいは、歴史的思考法について(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

吉田裕著『日本人兵士』2017年、を読んで ― あるいは、歴史的思考法について(1)

 歴史学の名著があるとしたら、下記の本は平成の名著として後世長く伝えられることになると思います。

吉田 裕 著『日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実』 中公新書2017年12月

続きを読む "吉田裕著『日本人兵士』2017年、を読んで ― あるいは、歴史的思考法について(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

維新=ボリシェヴィキ革命、の最大の歴史犯罪

 維新=ボリシェヴィキ革命の最大の歴史犯罪は、神仏分離=廃仏毀釈です。

 二つの点が犯罪的でした。

続きを読む "維新=ボリシェヴィキ革命、の最大の歴史犯罪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(2)

 下表は引用の秦氏の表を少し組み替えたもの。意外なことに、この組み換え後の表から、ある種の規則性が伺われる。左上から右下へ、斜めの序列があり そうだ。ま、褒賞なので、不平が出ないように、何らかのルールがないと当然まずいのかもしれないが。この件、要検討とする。

出典 『明治史要』付表、東京大学出版会(1966年)
ただし、秦 郁彦『統帥権と帝国陸海軍の時代』平凡社選書(2006年)、p.104より孫引き

〔参照〕
賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(1)

続きを読む "賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

岡義武『山県有朋 -明治日本の象徴-』岩波新書1958(2)

 名著の誉れ高い本書が一昨年に復刊された(2005年)ことは、天下の読書子に朗報であり、まだ品切れでないことはさらに天恵と言ってもよかろう。新書の品切れ中、『岡義武著作集』第五巻(岩波書店1993年)として、単行本の形で復刊はされていた。ただ、なにしろ定価六千円である。あまり気軽に買える代物ではなかった。その単行本も今は品切れ。廉価に入手できることを愛書家とともに祝おう。

続きを読む "岡義武『山県有朋 -明治日本の象徴-』岩波新書1958(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

岡義武『山県有朋 -明治日本の象徴-』岩波新書1958(1)

山県有朋―明治日本の象徴

 この書を読んで印象深いことは二つ。

  一つが、政治的決定における統一性の無さ。元老、陸海軍、衆議院、貴族院、各国務大臣、総理大臣、等が入り乱れて、「力」の群雄割拠であり、決定の時期、問題の性質における各勢力のバランスの応じて、成り行きで、決定事項が結果的に出てくる。

 最終的な決定権者が見当たらず、決定結果に対して誰が最終責任を負うのか不明。これは丸山真男のいう「無限責任の無責任」という類のことではなく て、近代主権国家として政治的意思統一ができないという非常に単純で恐ろしい状況と言える。

続きを読む "岡義武『山県有朋 -明治日本の象徴-』岩波新書1958(1)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(1)

 西郷隆盛2000石(5億4千万円)、木戸孝允1800石(4億8千6百万円)、大村益次郎1500石(4億5百万円)、山県有朋600石(1億6千2百万円)*。

 これは、新政府が維新への貢献度に応じて行った論功行賞のボーナスである、賞典禄の支給額の一例。一石=27万円で換算**。「革命家」は一度やったら止められませんな。

*岡 義武 『山県有朋』 岩波新書 1958年、より

**磯田道史『武士の家計簿』新潮新書(2003年)、より。

〔参照〕
賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Adam Smith Aristotle Bertrand Russell Carl Schmitt Collingwood David Hume Football Gottfried Wilhelm Leibniz Immanuel Kant Isaiah Berlin John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Max Weber PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Shinji Kagawa sports Stephen Toulmin Strange Fruit Thomas Hobbes 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ アニメ・コミック イスラム タミフル(インフルエンザ) ネオコン(Neocon) ハンセン病 パソコン・インターネット フェミニズム・ジェンダー 三島由紀夫 中世 中国 中野三敏 仏教 佐藤誠三郎 備忘録 古代 古典(classic) 古書記 和辻哲郎 国制史 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 天皇 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 尾藤正英 山田大記 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 徳川史 思想史 憲法 戦争 折口信夫 政治 政治哲学・政治理論 文化史 文学 斉藤和義 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 映画・テレビ 昭和 書評・紹介 服部正也 朝鮮 本居宣長 村上淳一 東アジア 柳田国男 梅棹忠夫 森 恵 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 渡辺浩 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 経済 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 複雑系 西洋 言葉 読書論 資本主義 赤松小三郎 近現代 速水融 進化論 金融 金言 関曠野 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎