John Stuart Mill

2023年1月25日 (水)

「孤人 solitude」の 殻(shell) としての「家 das Haus」

「近代」は、前近代における、いろいろな事情やシガラミ、《法》、むき出しの《力》の中で生きていた「人々」を、あらたに《権利》という法概念に基づいてその紐帯を断ち切ることを通じて、「個々」の「人」として析出しました。私たちは、名も無き「人々」から、固有の名を持つ「個人」にめでたく転生したのです。「自由」を獲得した訳です。

続きを読む "「孤人 solitude」の 殻(shell) としての「家 das Haus」"

| | コメント (0)

2023年1月24日 (火)

"different experiments of living" (John Stuart Mill, On Liberty, 1859)/さまざまな生活実験(J.S.ミル『自由論』安政六年)

Acts of whatever kind, which, without justifiable cause, do harm to others, may be, and in the more important cases absolutely require to be, controlled by the unfavorable sentiments, and, when needful, by the active interference of mankind. The liberty of the individual must be thus far limited; he must not make himself a nuisance to other people. But if he refrains from molesting others in what concerns them, and merely acts according to his own inclination and judgment in things which concern himself, the same reasons which show that opinion should be free, prove also that he should be allowed, without molestation, to carry his opinions into practice at his own cost. That mankind are not infallible; that their truths, for the most part, are only half-truths; that unity of opinion, unless resulting from the fullest and freest comparison of opposite opinions, is not desirable, and diversity not an evil, but a good, until mankind are much more capable than at present of recognizing all sides of the truth, are principles applicable to men's modes of action, not less than to their opinions. As it is useful that while mankind are imperfect there should be different opinions, so is it that there should be different experiments of living; that free scope should be given to varieties of character, short of injury to others; and that the worth of different modes of life should be proved practically, when any one thinks fit to try them. It is desirable, in short, that in things which do not primarily concern others, individuality should assert itself. Where, not the person's own character, but the traditions of customs of other people are the rule of conduct, there is wanting one of the principal ingredients of human happiness, and quite the chief ingredient of individual and social progress.
ON LIBERTY by John Stuart Mill (1859)
CHAPTER III ON INDIVIDUALITY, AS ONE OF THE ELEMENTS OF WELLBEING


続きを読む ""different experiments of living" (John Stuart Mill, On Liberty, 1859)/さまざまな生活実験(J.S.ミル『自由論』安政六年)"

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

私の知的リソース・ダイアグラム/ My intellectual resource diagram

 下記記事は、四年前の元旦に書いたものです。読み直したら、標題と内容が食い違っていると気づきましたので、改題して新記事とすることにしました。埋め草記事とご容赦頂ければ、幸甚。

続きを読む "私の知的リソース・ダイアグラム/ My intellectual resource diagram"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

新カテゴリー「 John Stuart Mill 」を作成

新カテゴリー「John Stuart Mill」を作成した。

Mill先生にはいろいろお世話になっていて、弊ブログ記事でも幾度となくそのアイデア(half-truth)を使わせて頂いてきたにも関わらず、カテゴリーを立ててなかったので。今更に猛省したところであります。遅きに失しましたが、ご関心のある向きは、下記をご利用されたし。人類知性史において19世紀を代表する偉人だと断言します。

新カテゴリー「John Stuart Mill

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

年頭所感(2014年)

過去、このブログの記事作成でお世話になった本の著者が昨年中に数名ご逝去されている。

尾藤正英氏 2013年5月
山口啓二氏 2013年7月
浜野 潔氏  2013年12月

続きを読む "年頭所感(2014年)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年11月18日 (日)

《経済成長》から《知識成長》へ(後編)From Economic Growth to Knowledge Growth 2

前編〕からの続き。

■A knowledge growth theory on half-truth

 J.S.Mill が縷々強調したように、個人の意見の正しさというものはたかだか《half- truth》にすぎない。だとすれば、葦のような人間には完全な真理(whole- truth)に永遠にたどり着けない。しかし、それは悲しむべきことか。そうでもない。

続きを読む "《経済成長》から《知識成長》へ(後編)From Economic Growth to Knowledge Growth 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

《経済成長》から《知識成長》へ(前編)From Economic Growth to Knowledge Growth 1

《経済成長》という観念は、川北稔などの議論を参照すると、どうも西欧初期近代の一連の動き、

宗教改革 ⇔ 西欧主権国家群の誕生 ⇔ 自由貿易

と関連がありそうだ。

続きを読む "《経済成長》から《知識成長》へ(前編)From Economic Growth to Knowledge Growth 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

伊藤邦武『経済学の哲学 -19世紀経済思想とラスキン- 』中公新書(2011年)

 前回の書評記事は、少々中途半端だった。

 そこでとりあえず、総評を残しておくことにする。

 興味深い論点は幾つもある。

続きを読む "伊藤邦武『経済学の哲学 -19世紀経済思想とラスキン- 』中公新書(2011年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

Of the Stationary State

J.S.Mill, Principles of Political Economy(1848)*、にこういう一節がある。

続きを読む "Of the Stationary State"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

山森亮『ベーシック・インカム入門』光文社新書(2009)(2)

 私が読んで最も興味深かったのは、「第4章 土地や過去の遺産は誰のものか?―歴史のなかのベーシック・インカム」である。これを再度紹介しよう。

■モラル・エコノミーからポリティカル・エコノミーへ(18世紀末~19世紀初め)

続きを読む "山森亮『ベーシック・インカム入門』光文社新書(2009)(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

political theory / philosophy(政治哲学・政治理論) abduction(アブダクション) Adam Smith Alexis de Tocqueville Aristotle Bertrand Russell Bito Masahide (尾藤正英) Buddhism (仏教) Carl Schmitt cinema / movie Collingwood, Robin G. Creativity(創造性) David Hume feminism / gender(フェミニズム・ジェンダー) Football Friedrich Nietzsche Gottfried Wilhelm Leibniz Henri Bergson Hermeneutik(解釈学) Immanuel Kant Isaiah Berlin John Maynard Keynes John Stuart Mill Jose Ortega y Gasset Jules-Henri Poincare Katherine Mansfield Kimura Bin(木村 敏) Max Weber Michel Foucault(フーコー) mimēsis (ミメーシス) Neocon(ネオコン) Otto Neurath PDF Peak oil pops pragmatism René Descartes Seki Hirono(関 曠野) Shinji Kagawa Shiozawa Yoshinori(塩沢由典) singularity(シンギュラリティ) slavery(奴隷) sports Stephen Toulmin Strange Fruit Takefusa Kubo(久保建英) technology Thomas Hobbes Thomas Stearns Eliot Tokugawa Japan (徳川史) vulnerability(傷つきやすさ/攻撃誘発性) Watanabe Satoshi (渡辺慧) 「国家の品格」関連 お知らせ ももいろクローバーZ アニメ・コミック イスラム ハンセン病 三島由紀夫 与謝野晶子 中世 中国 中村真一郎(Nakamura Shinichiro) 中野三敏 丸山真男(Maruyama Masao) 佐藤誠三郎 備忘録 内藤湖南 加藤周一(Kato Shuichi) 古代 古典(classic) 古書記 和泉式部(Izumi Shikibu) 和辻哲郎 国制史(Verfassungsgeschichte) 土居健郎 坂本多加雄 坂野潤治 夏目漱石 大正 大震災 学習理論 安丸良夫 宮沢賢治 小西甚一 山口昌男(Yamaguchi Masao) 山県有朋 川北稔 幕末・明治維新 平井宜雄 平川新 思想史(history of ideas) 感染症/インフルエンザ 憲法 戦争 折口信夫 文化史 文学(literature) 文明史 斉藤和義 新明正道 日本 日米安保 日記・コラム・つぶやき 明治 昭和 書評・紹介(book review) 服部正也 朝鮮 末木剛博 本居宣長(Motoori Norinaga) 村上春樹 村上淳一 柳田国男 梅棹忠夫(Umesao Tadao) 森 恵 森鴎外 概念史(Begriffsgeschichte) 歴史 歴史と人口 法哲学・法理論 清少納言(Sei Shōnagon) 渡辺浩 湯川秀樹(Yukawa Hideki) 環境問題 生活史 知識再生堂(Renqing-Reprint) 知識理論 石井紫郎 石川淳 社会契約論 社会科学方法論 禁裏/朝廷/天皇 福沢諭吉 科学哲学/科学史 米国 紫式部(Murasaki Shikibu) 統帥権 美空ひばり 羽入辰郎 自然科学 荻生徂徠(Ogyu Sorai) 複雑系(complex system) 西洋 言葉 読書論 資本主義(capitalism) 赤松小三郎 身体論 近現代(modernity) 速水融 進化論(evolutionary system) 選択的親和関係(Elective Affinities / Wahlverwandtschaften) 金融 金言 関良基(Seki Yoshiki) 靖国神社 鮎川信夫 麻生太郎